初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、福岡県を案内していただいたのは、福岡市にあるユースホステルで働く濱谷洋次さん&有吉華織さん。

もつ鍋に水炊き、ラーメンや餃子。名物グルメが目白押しの美食の街・福岡の中でも、ちょっぴり大人でディープなスポットを伺いました。博多や天神の新しい顔をお楽しみください。

中洲のほど近く
福岡を楽しむ
ベスト・オブ・拠点!

common de HOSTEL & BAR

2018年 2月にオープンしたユースホステル。男女共用ドミトリー(相部屋)のほか、女性専用ドミトリー、個室も完備(1泊¥3000~)。

フロントではお土産も購入可。福岡や佐賀を中心とした日本酒や加工品などセレクト。
ファミリーで利用できる個室もある。

デザイン監修の濱谷さんは「昔からずっと使われているものが好き」。うきは市にある130年続く家具メーカー “杉工場” の博多屋台椅子を採用するなど、こだわりのインテリアにも注目だ。徒歩1分の場所に2軒目がオープン。

居心地の良いカフェスペース。

common de HOSTEL & BAR(コモンドホステルアンドバー)
福岡県福岡市博多区古門戸町7-13
☎092-262-7555
営業時間:ショップ 10:00~22:00、Bar光栄菊 18:00~24:00
https://commonde.jp
※ご予約は上記URLから

サウナ好きなら一度は訪れたい
人気スポット

ウェルビー福岡

フィンランド式ケロサウナ。
日本古来の蒸し風呂 “からふろ”。

全国からサウナファンが訪れる、男性専用のサウナ&カプセルホテル。適度な湿度が心地よいメインのサウナはもちろん、特筆すべきは2種類の水風呂。18℃の水風呂と、強冷水と呼ばれる3℃の水風呂がある。体に負担の少ないアイスサウナも完備。

プレミアムルーム “Pehmea”(1泊 ¥5680 ~)。

また、アメニティーも充実している。下着の無料クリーニングサービスを行うなど、ビジネスマンの心強い味方だ。

サウナの守り神・トントゥ。

ウェルビー福岡
福岡県福岡市博多区祇園町8-12 ロータリー大和2F
☎092-291-1009
営業時間:24時間
定休日:なし
http://www.wellbe.co.jp/#shopFukuoka

お土産はココで!
縁起物がいっぱい!!
九州の郷土玩具と民芸品のお店

山響屋

「面白くて、可愛くて、ブサイクで(笑)。郷土玩具は興味が尽きないくらい魅力的なので、たくさんの人に知ってほしい。職人さんたちが手作りしている様子は本当にすごいんですよ」と話すオーナーの山響ARTさん。

絵師としても活動するオーナー。商品を購入すると、ショップ袋にその場で絵を描いてくれる。だるまの絵つけを行う活動も!

店内には、自らの足で生産者の元を訪れ、顔を合わせて買い付けてきた作品がずらり。ひとつひとつにある大切な物語を尋ねてみよう。


とっておき福岡土産
博多張子の姫だるま

福岡の地で愛され続ける伝統の博多張子。可愛らしい姫だるまは、ピンクに染まった頬、体にまとった金粉など縁起のよい豪華絢爛な佇まいが特徴。おっとりと、穏やかな表情で見る人を和ませてくれる。手づくりなので、ひとつひとつ表情が違う。お気に入りを見つけよう。¥1944。
 

山響屋(やまびこや)
福岡県福岡市中央区今泉2-1-55 やまさコーポ101
☎092-753-9402
営業時間:11:00~20:00
定休日: 不定
http://yamabikoya.info/

知っておきたい福岡のいろは
基本情報&歴史&有名人

【基本情報】

面積 約4987㎢
人口 約511万人(2018年時点)
県庁所在地 福岡市
 

【歴史】

中国大陸や朝鮮半島に近く、遠の朝廷と呼ばれた大宰府政庁や、外国使節の迎賓館である鴻臚館がおかれ交流の窓口となる。江戸時代には、筑前国、豊前国、筑後国の3つの国になる。この頃から工芸品の生産が盛んになり、九州の商業の拠点となった。1871年に廃藩置県により、福岡ほか7県を福岡・三潴・小倉の3県に統合。そして1876年に小倉県、三潴県を統合し、ほぼ現在の福岡県域が確定した。
 

【福岡出身の有名人】

蒼井優(女優) 春日市出身
麻生太郎(第92代内閣総理大臣) 飯塚市出身
琴奨菊和弘(力士) 柳川市出身
タモリ(タレント) 福岡市出身
バカリズム(お笑い芸人) 田川市出身
畑正憲(作家・生物学者) 福岡市出身
浜崎あゆみ(歌手) 福岡市出身
松田聖子(歌手) 久留米市出身
松本清張(作家) 北九州市出身
湯浅政明(映画監督) 福岡市出身

PROFILE

濱谷洋次 Yoji Hamatani
common de HOSTEL&BARの番頭。運営やデザイン監修を担当している。

有吉華織 Kaori Ariyoshi
common de HOSTEL&BARの女将。Bar光栄菊では、抹茶をたてることも。


※本記事内の価格は、すべて税込み価格です。
●情報は、2019年2月現在のものです。
Photo:Aiko shibata、Toru Oshima(お土産) Text:Lisa nagamine Illustration:NONCHELEEE