大切な人のお祝いに、お世話になった人へのお礼に、心をこめて届けるギフト。いざ、選ぼうと思うと、「相手の好みが分からない」「毎回、似たようなものになってしまう」など、迷ってしまいがち。

そこで、今回はおしゃれ感度が高く、なおかつ人を喜ばせること&贈り物上手な女性たちに緊急アンケート! 人に贈って喜ばれたもの、自分がもらって嬉しかったものを教えてもらいました。ぜひ、ギフト選びの参考にしてください。

リーデルの「ヴィノム ヴィンテージシャンパーニュ アルファベット」

「親友へのプレゼントに、ここ数年こだわっているのが何かしら名前のイニシャルが入ったアイテム。トートバッグやポーチ、ステーショナリーなどを贈ってきましたが去年、選んだのがイニシャル入りのシャンパングラス。オリジナル感はもちろんのこと、ホームパーティが好きな女性なので『自分のグラスがすぐに分かるマイグラスとして、とっても重宝する!』と喜んでくれました」(エディター 島田みささん)

ヴィノム ヴィンテージシャンパーニュ アルファベット 各¥5000/リーデル・ジャパン

ワイングラスの名門ブランド、リーデル家の9代目クラウス・リーデルによってデザインされた美しいフォルムが魅力のシャンパーニュグラス。アルファベットが彫られたグラスはギフトとして大人気。ワインを注ぐと文字が浮き上がる様子がドラマティック。

リーデル青山本店
☎03-3404-4456
https://shop.riedel.co.jp/

煎茶堂東京の「日本茶ブレンド体験キット」

「こんなプレゼントがあるんだ!」と新鮮な驚きを味わえたのが、後輩からもらった日本茶のブレンドキット。中に2種類の茶葉が入っていて、それぞれに品番がついているんです。ふたつの品番を並べてみると、なんと私の誕生日! 2種類のお茶を混ぜ合わせてオリジナルブレンドを完成させ、パッケージには自分の名前まで書けちゃう。気を使いすぎない価格という点もさすがだなと、感心しました」(フリーランスPR 藤林美紀さん)

(左・中央)シングルオリジン煎茶缶 ¥1760~(右)日本茶ブレンド体験キット ¥2000/煎茶堂東京

日本茶の “ブレンド” を気軽に楽しめるのが「日本茶ブレンド体験キット」。日本茶の代表的な品種である静岡県産の「やぶきた」をベースにし、さらに数十種類の茶葉から2種類を選んでブレンド。お気に入りの茶葉を見つけて自分だけのオリジナルブレンドを作り上げるのもツウな楽しみ方。

煎茶堂東京 銀座店
☎03-6264-6864
http://www.senchado.jp/

ウイングド・ウィールの「名入れミニカードセット」

「公私ともにお世話になっている年上の女性から頂いたのがウイングド・ウィールの名前入りのミニカードセット。シックな茶色の包装紙に布地のリボンがかけられたラッピングからすでにセンスのよさが滲み出ていて。中を開けると、温かみのあるアイボリーのカードにゴールドのモチーフが刻印され、さらに私の名前まで! 期間限定オーダーというレア感もあり、嬉しさを通り越して感動しました」(ライター 堀朋子さん)

限定 名入れミニカードセット カード・封筒各15枚セット ¥3000/ウイングド・ウィール

手紙用品専門店「ウイングド・ウィール」で期間限定発売されるカードと封筒のセット。世界でも最高の紙と評されるコットンペーパーを使用し、金色のモチーフ加工が施されたカードには名入れのサービスも。直近の注文期間:①2/18(月)9時~2/28(木)9時まで(3/11発送)、②2/28(木)9時~3/11(月)9時まで(3/20発送)。詳細は公式サイトをご確認ください。

ウイングド・ウィール オンラインストア
☎0120-842-657
https://www.winged-wheel.co.jp/

swimmieの「こよみチーフ2019」

「友人のプレゼントに選んだのがハンカチ専門ショップswimmieのカレンダー柄のハンカチ。店頭で刺しゅうのサービスを行っているため、彼女の誕生日に○印をつけ、さらに名前も刺しゅうしてもらいました。プレゼントしたその場で開けてもらい、『結婚記念日など、自分にとって大切な日に印をつけても素敵よね』とアドバイスをしたら、とても喜んでくれて。家族の記念日がひとめで分かるハンカチ、我ながらいいアイデアでした」(商品企画・PRディレクター 久保田宏美さん)

こよみチーフ2019 ¥1500、刺しゅう代 ¥300~/swimmie

5年前に登場してからまたたく間に「swimmie」の代表的なハンカチとなった「こよみチーフ」。その年のこよみをプリントしたオリジナルハンカチで、刺しゅうを加えてさらに特別なハンカチに仕上げることができる。家族や友人の誕生日や嬉しいことがあった日に印をつけるなど、使い方は自由自在。サイズ52×52cm、綿100%、千鳥縫製、日本製。

swimmie 銀座店 
☎03-6264-5200 
http://swimmie.me/

プライベート・スプーンズ・クラブの「CLUBSLIPPERS MEN'S」 

「男性へプレゼントしたなかで特に喜ばれたのが、プライベート・スプーンズ・クラブのスリッパです。プレゼントした相手は仕事でお世話になっているデザイナーさん。出張やプライベートなどで国内、海外問わず、いろんなところを飛び回っている方なので、自宅だけではなく旅先でも使えるものをと思って選びました。後日、『世界中のどのホテルのスリッパよりも履き心地がいい!』と大絶賛の報告がありました」(商品企画・PRディレクター 久保田宏美さん)

CLUB SLIPPERS MEN'S ¥4300/プライベート・スプーンズ・クラブ

吸収性の良いタオル素材に、デニム素材をパイピングした清潔感あふれるデザイン。型くずれしにくいしっかりとした作りで、足裏には厚めのクッションが敷かれており、歩き心地も抜群。綿100%なので手洗いもでき、気軽にお手入れができるのも嬉しい。同じシリーズでレディースも。

プライベート・スプーンズ・クラブ 代官山本店
☎03-6452-5918
http://www.privspoonsclub.com

公長斎小菅の「積層一段弁当箱」

「私がいつもお昼は手作りのお弁当を持ってきているのを見ていた仕事場の上司や同僚から、プレゼントして頂いたのが、公長斎小菅の竹製のお弁当箱です。欲しくてもなかなか自分では思い切れないアイテムだけに、嬉しくて。スッキリとした端正なフォルムと自然素材ならではの温かみがあってすっかりお気に入り。毎日愛用させてもらっています」(ジュエリーデザイナー 馬場千香子さん)

積層一段弁当箱 各¥6000/公長齋小菅

竹を張り合わせ、板状に整えた積層材を使用した弁当箱は、職人が一つひとつ丁寧に組み上げて製作したもの。連続した竹の模様が美しく映えるのも積層材ならではの特徴。シンプルなデザインと、程よい縁の厚みが食材を美しく彩る。取り外し可能な仕切り付きで、バンドのワンポイントには根竹を使用。

公長斎小菅 京都本店
☎075-221-8687
http://www.kohchosai.co.jp/
https://www.rakuten.ne.jp/gold/kohchosai/

Hender Schemeの「hang wallet」

「地下鉄に乗るとき、いつも『パスモが見当たらない!』と慌てる友人がいるんです。そんな彼女の誕生日にプレゼントしたのが、Hender Scheme(エンダースキーマ)の首からぶら下げるタイプのウォレット。カードも収納できる便利さに加え、革製品ならではの風合いはメンズライクな彼女の好みなのではと。『小銭も入れられてカードもすぐに取り出せて、そして可愛い!』と気に入ってくれました」(スタイリスト 由田 静さん)

hang wallet 各¥12000/Hender Scheme

2019SSの新作のミニウォレット。インポートのバケッタレザーを使用し、シボのある質感が独特の風合いを生み出している。表面は小銭入れ、裏面はICカードなどが収納できるカードスロットが付いているので、少しの外出や手ぶらで出かけたいときなどにも大活躍。革ひもの結び目の位置を変えれば、長さの調整も自在に変えられる。

スキマ 合羽橋
☎03-6231-7579
http://henderscheme.com/

【Column】誕生日プレゼントのマナー
自分の趣味を押し付けず、
相手の好みやスタイルに
合ったものを選んで

Point【1】
贈るタイミングは前後1週間以内

誕生日プレゼントは当日に贈るのがベストです。とはいえ、直接会って渡すとなると当日限定は難しいものがあります。「お誕生日おめでとう」が言える猶予期間としては前後1週間といったところでしょうか。もし、当日に直接会ってお祝いができないときは、メールや電話などでお祝いのメッセージを送りましょう。

Point【2】
選ぶときには相手を思い浮かべて

プレゼントをもらえたら、誰だって嬉しいもの。とはいえ、ありきたりのものだと「義理でくれたのかな…」とかえって申し訳なく思うことも。たとえ付き合いが浅かったり、頻繁に会わない相手だとしても、選ぶときは相手のことを思い浮かべるべき。仕事の内容、最近ハマっているもの、洋服のテイストなど、今までの会話やSNSからヒントを拾って、その人を思って選んだものをプレゼントして。

Point【3】
自分の趣味を押し付けないこと

例えば小説や音楽CD。相手が欲していたものや好みの作家やアーティストでもなく、単に自分が好きだからといって贈るのはNGです。まして、「プレゼントした小説、どうだった?」と感想を聞いた日には、相手の微妙な反応が返ってくる場合も。また、自作の洋服や人形など手作りのものも、「会ったときには身に付けておかなくては」「部屋に飾っておかなければ」とプレッシャーを与えかねないので要注意。自分本位ではなく、相手本位で選ぶ。それが贈り物でもっとも大切なマナーではないでしょうか。


Text:Tomoko Hori