西島秀俊、渾身のラブシーンを見逃さないで!『女が眠る時』【泣いて笑って、映画三昧!】

100人が観たら、100とおりの解釈があるもの…。基本、映画はそういうものですが、この作品ほど観客のイマジネーションを刺激しまくる映画は珍しいかもしれません。

スランプに陥った小説家が、初老の男と小悪魔のような少女のカップルに惹かれ、追いかける物語は、どこまでが現実で、どこまでが妄想か判然とせず、迷宮に入り込んだ陶酔感に満ちています。
『スモーク』などで知られるウェイン・ワン監督が、日本人キャストの新たな一面を引き出しており、とくに作家役、西島秀俊が汗まみれで憔悴していく姿や、妻役、小山田サユリとのラブシーンでの渾身(!)の表情は、彼のファンにも新鮮な驚きを与えるはず。

眠っている女の襟足の毛を剃るなど、フェティシズムにあふれたシーンも多く、観ている間、そして観終わってしばらく、心のざわめきは収まらないことでしょう。

 
『女が眠る時』

(C)2016 映画「女が眠る時」製作委員会

 
▼こちらの記事もチェック!

波瑠と西島秀俊が初共演!『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』

原作は多くの作品が映画・ドラマ化されている人気作家・小森陽一の『オズの世界』(集英社文庫刊)。
熊本県に実際にあるグリーンランドリゾートの全面協力のもと撮影された、ありそうでなかった “遊園地” という夢と笑顔を与える仕事に就き、“魔法使い” と呼ばれる風変わりなカリスマ上司と一癖も二癖もある従業員たちに囲まれて成長していく主人公...

frau.tokyo