持続可能なライフスタイルに関するサイト、Ekoenkelt の人気ブロガーであり、ファッションのセレクトショップを手がけるストックホルム在住のペニッラ・ヨハンソン。サステナブルな暮らしについて、そのはじめかたを聞きました。

続けること、知ることで、
より良い選択ができる

自宅でミニトマトを育てている。テラスがなくても、日当たりの良い場所に置けば野菜も育つ。

“サステナブルライフ”と聞いて、どんな暮らしが浮かぶだろうか。買い物にはエコバッグを持っていく、口に入れるもの、肌や髪のケアはオーガニックを選ぶ、自宅で野菜を育てる、プラスチック製品を控える、車移動を電車にする……。今でこそどれも知られている項目だが、実践できているかといえば、そうとも言えないのが正直なところだ。
 

スーパーでは自社ブランドのオーガニックラインがあるので活用する。

10年ほど前から “エコエンケルト(エコシンプルという造語)” というブログで毎日の生活でできるティップスを発信しているのが、ストックホルム在住のペニッラ・ヨハンソンだ。

「きっかけは環境学を学んだことでした。この分野は政治や経済、自然科学が深く関わってくる。複雑で大きな課題に対して、個人として何ができるだろうかと考えて、ブログを始めてみたのです。“サステナブルな暮らし” とはどういうことなのか。自分の生活から変えてみようと思いました」
 

エコバッグを必ず持ち歩く。忘れたら手で持って帰れる量しか買わない。

ブログで紹介しているティップスは、彼女自身が10年以上続けていて、すでに日常になっていることがほとんど。そんなささやかな行いを積み重ねていくことが大切だと話す。

「当時は、エコバッグはここまで浸透していなかったし、オーガニック製品もまだ少なかった。それでも続けてきたからこそ、自分自身も成長して次の段階へ進むことができた。難しいことは後回しにして、段階を踏んで取り組めば良いのです。ごく身近なことからはじめてみる。例えば2種類の野菜があったら、オーガニックを選ぶ、といった簡単なことでいいのです」
 

著書『EKOENKELT:持続可能なライフスタイルへの道』。ブログは http://ekoenkelt.se/

さらに、読者にもう少し違う視点を持ってもらいたいと、2016年には本を出した。

「ティップスはあくまでもティップス。私自身は、例えば農業のことなど、どこにどんな問題があるかということを説明したかった。それに対して私たちができることを示す。もっと深いところで考えてもらいたい。どうやったら新しい考え方ができるかの挑戦です」
 

優れたオーガニックコスメを選ぶ。スウェーデン製以外にドイツやオーストラリアのものが進んでいるという。

サステナブルな考えがベースにあれば、自分でより良い選択ができるようになるという。例えば、誰かにこちらがいいと勧められたから選ぶのではなく、説明がなくても自分でその良さをわかり、選び取ることができるようになる。それこそが大切なこと。
 

ゴミの分別を徹底する。生ゴミはバイオガスに生まれ変わり、ストックホルムを走るバスはこの燃料が使われている。

アパートの外に設置されたゴミステーション。
 

「ベターチョイスができるようになるためには、知識を身につけるしかない。私たちの生活には、SDGsナンバーでいう12の『つくる責任 つかう責任』が深く関わっている。無駄な消費を減らして、より質の高いものを選べるようになれば生活も変わっていきますよ」


 

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、2018年12月20日に発足した「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。


●情報は、FRaU2019年1月号発売時点のものです。
Photo:Norio Kidera Coordination:Nao Akechi Text&edit:Chizuru Atsuta