SDGsという目標が掲げられたことで、問題意識は世界中へ拡散! 各国でさまざまなプロジェクトが立ち上がり、賛同した市民が動き出しています。社会を変えるのは身の回りから。小さくも偉大な、その一歩を紹介します。

お供えものの花を輪廻させる、
美術修復プロジェクト

人口のおよそ7割が仏教徒であるスリランカ。数ある寺院には日々、美しい花が手向けられるが、萎れてしまえばそれらも廃棄物になってしまう。広告代理店のLeo Burnettスリランカ支店と、塗料会社JAT Holdingsが共同で生み出したのが、廃棄された花弁から塗料を作り出し、それを寺院の壁画や仏像の修復に活用するというプロジェクト。
 

修復の様子。

2018年に始まったばかりだが、すでにスリランカ南部のアクレッサという町にある、スリ・スダルマラーマ寺院で実施されたという。使われた塗料は、コロンボ郊外の製造工場に近い、2つの寺院から集められた花で作られたもの。花が枯れ、色素が変わってしまっては塗料に出来ないので、今のところ工場付近の寺院から花を収集しているという。
 

塗料は一般販売はされておらず、寺院からリクエストがあって製造するスタイル。まだ実験段階とも言えるが、このプロジェクトの根幹にあるのは仏教における輪廻の考え方。花の命が繋がれ、再びブッダに帰依する。花を供えた人にとっても喜びがあるサステナブルな活動だ。

ああああああああ

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、2018年12月20日に発足した「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。


●情報は、FRaU2019年1月号発売時点のものです。
Coordinate:BLUE LOTUS Text:Yuka Uchida Edit:Yuka Uchida