東京・朝の南青山某所。「昨日の夜、海外から戻ってきたばかりなんです」そう言いながら、スタッフと楽しそうに談笑し始めた小松さん。寝癖をつけたまま、眠そうに目をこすりながらエレベーターを降りてきた菅田さん。そして、顔をあわせるなり「久しぶり」と微笑みあった二人。

撮影の合間、軽口をたたき合い、笑っていたかと思えば、カメラの前に立った瞬間〝役者〞の顔に。シャッターの音と共に、近づいては離れ、見つめあう……。揺れ動き、すれ違い、惹かれ合う、作品から抜け出したかのように〝恋心〞を見事に表現してくれた。

そんな二人が全身全霊を注ぎ挑んだ映画『溺れるナイフ』。作品を語る中で見えてきたそれぞれの恋愛のカタチや思春期。溺れるようなあの時、あの一瞬の記憶――。

ファンが待ち望んだ
“神キャスティング”

小松 以前、ネットで自分の名前を検索したとき〝夏芽〞というキーワードが一緒にあがってきて。「なんだろう?」と調べた結果、辿りついたのが『溺れるナイフ』の主人公〝夏芽〞だったんです。そこで初めて私は原作の存在を知ったんですよ。

 
――『別冊フレンド』で約10年にわたり連載され、そのコミックの販売部数は累計170万部を突破。少女に限らず大人の女性まで夢中にさせた少女コミック『溺れるナイフ』。大人気作品だけに、実写化を望むファンが、ネット上で「夏芽を演じるなら?」「コウを演じるなら?」と、白熱のキャスト予想を展開。そこで常に名前が挙がっていたのが、小松菜奈と菅田将暉だった。故に今作は〝神キャスティング〞と評され、「会う人、会う人から〝楽しみにしている〞と声を掛けられた」と語る二人。

小松 まだまだ公開が先の段階から、こんなにも声を掛けられたのは初めての経験で……。嬉しい反面、不安な気持ちにも。「本当に私で大丈夫なのかな」って。

菅田 いわゆる少女コミック原作、そのラブストーリーの相手役を演じるっていうのが、実は僕にとっては初めての経験で。原作を読む前は「〝壁ドン〞とかするのかな、それとも〝床ドン〞か〝顎クイ〞か」なんて思っていたんですけど……待っていたのは〝○○○〞(見てのお楽しみ)だったっていう(笑)。想像していたのとは全く違う世界が今作には描かれていたんですよ。

危うく強烈な10代の
“一瞬” を切り取った恋

――突然、東京から田舎町に引っ越すことになり、ティーン誌の人気モデルとして活躍していた夏芽の生活は一変。途方にくれる彼女が〝神様の住む入江〞で出会ったのが、宵闇の中で発光するように輝く少年コウだった……。お互いに惹かれ合いながらも、ぶつかり合い、傷つけ合う。危ういほどに剥き出しで強烈な二人の恋が描かれている『溺れるナイフ』。

小松 認められたい、視界に入りたい、この恋に自分の全てを注ぎたい……。好きな人が自分の中心に居座り、〝神様〞のような存在になる、夏芽とコウの恋は少し怖くもあるけど羨ましくも思いました。大人になればなるほど、人はみんな臆病になるし、余計なことを考えてしまったり、素直に恋ができなくなる。二人の恋はきっと、10代の〝あのとき〞〝あの一瞬〞にしかできない恋だと思うから。

菅田 それ、わかるな。一見、二人の恋は特別に映るけど、実は特別じゃないというか。根底にあるのは「相手のことが好き」といういたって普通の感情なんですよね。その表現方法が違うだけで。好きな相手が〝神様〞になる、その感覚も理解できる。特に、二人の住むのは昔からの信仰が根強く残る小さな田舎町で、なんでもあり、いろんな人がいて、新しい出会いや可能性に満ちた東京とは全く違う場所。だからこそ、二人の目にはお互いがより強烈な存在に映ったんじゃないかなって。

小松 ちなみに、そんな〝神様〞のような女性に出会ったことは?

菅田 出会っていたら……まず、ここにはいないだろうね。今、その人のそばにいると思う。東京にも出てきていないだろうし、芸能界にも入っていない、FRaUに載ることもなかったと思う(笑)。〝神様〞に出会うって、そういうことでしょ、きっと。