映画『アズミ・ハルコは行方不明』で主人公のアラサーOL・安曇春子役を演じた蒼井優。本作の原作者である作家、エッセイストの山内マリコ。この映画をきっかけにグッと距離が近寄ったという二人に、本作、そしてお互いのいい感じの関係について話を聞いた。

ワンピース ¥63000/ユニット&ゲスト(トップショップ ユニーク) ロングスリーブTシャツ ¥16000/ボウルズ(ハイク)

エッセイスト・山内マリコさんの書く小説の世界に共感するという蒼井優さん。共に働く30代の女性として活躍中の相思相愛の二人による、「30代は、20代よりももっと自由でもっと楽しい」対談、始まります。

蒼井優(以下、蒼井) 読んだ人はみんなそう感じると思うんだけれど、山内さんの本を読むと、この作者とは友達になれると思えてしまう。「わかる!」みたいな。読みながら、「飲みに行く?」って言いたくなる。そういう気持ち良さがとってもありますよね。

山内マリコ(以下、山内) わ〜、嬉しいです!

蒼井 もしかして20代前半だったら愚痴っぽく思えてしまう可能性もあることでも、今や自虐も含めた話のネタとしても完成度が高いものができ上がっているという感じに近いというか。「私たち、もう笑い飛ばせる年齢になったよね」っていう。

山内 (笑)。私、『リリイ・シュシュのすべて』の頃から蒼井さんのファンだったんです。高橋ヨーコさんの撮影した写真集も持ってるし、夫も同じのを持ってたので、家に2冊あるっていうくらい夫婦でファンで。だから、映画化の主演が蒼井優さんだと聞いたときは、本当に小躍りしました。この仕事でたまに芸能人の方とお会いすることがあって、だいぶ免疫がついてきたのでそこまでテンパらなくなりましたけど、今もちょっとドキドキしてます。