映画『アズミ・ハルコは行方不明』で主人公のアラサーOL・安曇春子役を演じた蒼井優。安曇春子の相手役の幼馴染・曽我として映画デビューを果たした石崎ひゅーい。彼のガチガチの緊張をほぐしてくれたのは、現場での蒼井さんの豪快な飲みっぷりだったそうで…… 。

寝る時間を惜しんでも
飲んで話して作った映画

ワンピース ¥63000/ユニット&ゲスト(トップショップ ユニーク) ロングスリーブTシャツ ¥16000/ボウルズ(ハイク)

蒼井優(以下、蒼井) 映画って、初日の前日に決起集会をやるんですけど、現地入りしているキャストとスタッフ全員でとことん飲むんです。ひゅーいくんとは、そこでいきなり打ち解けたよね。

石崎ひゅーい(以下、石崎) そうですね。明日から始まるのにこんなにお酒飲んでいいのかなってくらいみんな飲んでて。でも、良い時間でした。僕はガチガチに緊張していましたから。相手が蒼井優だし、蒼井優ってものに対する壮大なイメージがあるじゃないですか。こえー!としか思ってなかったので。

蒼井 失礼な!

石崎 でも、僕が想像していたのとは全く正反対のキャラクターで、ガッチガチに固めていた蒼井優像が一発でぶちこわされた感じでしたね。アレ?って。気さくな新橋とかにいる小さなおじさんなのかなっていうような印象で。豪快な人だなと。もう大緊張してたので、いい意味で打ちのめされて、心を摑まれました。

蒼井 適当な(笑)。

石崎 いや本当です。

蒼井 スタッフとキャストの境界線みたいなの一気になくなった夜でした。たぶんそのくらいのピッチで飲んでました。

石崎 撮影中にも、何度かみんなで部屋飲みをしたんです。それで、優ちゃんの部屋でやろうということになって、大女優の部屋に行くのは緊張するじゃないですか。で、行ったらイモ焼酎の一升瓶が10本くらい並んでいて。

蒼井 10本もないよ! 7本くらいだよ。

石崎 7本の焼酎に、イカとかおつまみみたいなのも並んでて。スナックのようで。集まる前から、既に焼酎を飲まれていました。

蒼井 撮影が終わった人からどんどん飲んでた。正直、私は飲んでも飲まなくてもどっちでもいい人間なんですけど、ここ数年で飲んだほうが早いなと思うようになりました。元々アンチノミニケーション派で、仕事場でコミュニケーションをとればいいじゃないかと思っていたんですけど、人見知りは永遠に人見知りなんですよね。昔の映画みたいにリハーサルをたっぷりして関係性を作って、現場でほだされていくみたいなことは今はないですから。そうなったらもう、気を遣わない同士の関係という雰囲気を自分たちで作っていったほうが早い。

石崎 最初は人見知りだったんですか?

蒼井 高校卒業してから一気に人見知りが激しくなっちゃって、現場で寝たふりとかしてた。

石崎 良かった……。撮影がその時期じゃなくて。

蒼井 私、最近またちょっと人見知りが戻ってきていて。

石崎 え、いま? 

蒼井 単なる低血圧なのかもしれないけど(笑)。テンションが上がり切らない。話しかけられるときと人見知りがひどくなるときがある。無理して無駄な体力を使わなくなってきたからかな。ひゅーいくんも自分から話しかけるタイプじゃないじゃない? 

石崎 そうかも。

蒼井 仕事に対する適当さとかも似てるかもしれない。仕事が全てじゃないという感覚については撮影中に語らったよね。

石崎 優ちゃんが撮影中に、「別に誇れるような職業じゃないんだ」と言ってたんですよね。それが、けっこう僕のなかでズシンと来て。表現するときの捉え方みたいなものの、懐がすごく広いなと。だから僕みたいな初心者が来てもケアしてくれるし。そういう感覚は、すごいなと思います。

蒼井 両足突っ込んじゃうとできなくなることが多いんじゃないかなと思っちゃうんですよね。どこかでここだけじゃないと思っていたほうが飛べる。