撮影/佐藤圭
# 動物 # 癒し

まるで宝石! アクアマリンの目をもつ、山の王者・クマタカの幼鳥

北海道から毎日お届け中!

水色の瞳は、やがて黄色から橙色に

タカとワシの違いとは?

雪原に佇むクマタカの幼鳥です。

クマタカの成鳥は、目の色と羽の模様で判断します。

個体差はありますが、生まれて1年めから2年めの幼鳥は、アクアマリンのような美しい瞳が特徴的です。

 

3~4年めの若鳥の目は薄い黄色になり、5~6年めには濃い黄色に、6~10年経つと橙色や真っ赤になって立派な成鳥だと判断できます。

羽は、幼鳥の頃は縞模様がはっきりしませんが、成鳥になるとくっきりした縞模様になります。

幼鳥は、成鳥に比べてパッと見が白く、成鳥になると全体に黒く見えます。

タカとワシの違いは体の大きさで 大きいものがワシ、それより小さいものがタカと言われていますが、それはあくまで名付けた人の主観だったようです。

クマタカの全長は70~80cm、翼を拡げれば160~170cmもあり、大型です。沖縄にいるカンムリワシのようにもっと小さいワシもいます。

クマタカは、生活域が重なるオオワシやオジロワシに比べれば小さいので、タカと名付けられたという説もあります。

漢字で書くと、「熊鷹」、あるいは「角鷹」。クマタカの「クマ」は大きいことを意味しています。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!