国内外を飛び回るスタイリストが旅に役立つアイテムをレコメンド。今月は、今吉高志さんに、旅に欠かせない一品を教えていただきました。

福と人の笑顔を招く、
金のふりかけ。

以前、ある会食で演出として、僕が飲んでいたお酒に「金のふりかけ」をかけてもらったことがありました。見た目も華やかで、その場も大盛り上がり。「自分も使ってみたい!」と思い、購入したのがきっかけです。

手に取ってみると、まずその純度の高さに驚きました。金96.8%、銀3.2%で、銅を全く使用していない、ゴールドフレークです。また、1本で長持ちするようにと、可能な限り多く入っているのでコストパフォーマンスも抜群。

カジュアルに日本らしさを感じられるアイテムで、普段お世話になっている人はもちろん、海外の方へのお土産としても喜んで頂けそうです。ポケットサイズなので荷物になりませんし、常備して、ご飯の最中にさりげなく振る舞ってみるのもいいかもしれません。人の笑顔を引き出す、とっておきのアイテムとしておすすめです。

歴清社 金のふりかけ
1905年に広島にて創業の〈歴清社〉。日本の伝統的な箔文化を継承しながら、革新的な金銀箔紙を創造している。中でもこの「金のふりかけ」は、さまざまなシーンで手軽に楽しめる高純度のゴールドフレークだ。
¥3240/歴清社 ☎082-237-3530

PROFILE

今吉高志 Takashi Imayoshi
メンズ、ウィメンズ問わず、雑誌や広告などで活躍するインテリア・プロップスタイリスト。空間を生かすクールなスタイリングが人気。


●情報は、2019年1月現在のものです。
Photo:Toru Oshima Illustration:Kahoko Sodeyama