海に山に川。山陰は豊かな自然が残る場所。街から少し足を延ばせば、大きく深呼吸したくなる風景が広がります。そんな緑いっぱいの土地を、モデルの高山都さんが女友達と二人でゆったりと旅してきました。今回は、二日目に泊まった大山レークホテルをお届けします!

湖畔で浴びる朝の光。

湖畔のクラシックホテルで
ゆったり過ごす。

2日目の宿に選んだのは、大山の麓にある「大山レークホテル」。美しい湖のほとりに佇むクラシカルなホテルで、とくに森と湖を望むプライベートバスを備えたプラチナスイートは格別。
 

湖畔のクラシックホテルはどこをとっても乙女心をくすぐる。

扉を開け、緑いっぱいの窓の前に置かれたロッキングチェアを見たときは二人から歓声が上がった。
 

湖を間近に見ながらくつろげるホテルは、爽やかで、どこまでも静か。夜は一歩庭に出るだけで満天の星を見上げることができて、ロマンチックを全部盛りしたような場所だ。
 

朝食には焼きたてパンが。

忘れられないのは翌朝のこと。午前中から湖でカヤック体験をしようと楽しみにしていたのだけれど、窓の外は雨。どんより雲を恨めしそうに見ながら朝食を食べていたとき、パッと黒い雲が切れ、そこから漏れ出た淡い光に食堂全体が包まれた。
 

「大山レークホテル」前の湖にかかる桟橋にて。雨が一瞬上がり、幻想的な光が降り注いだ瞬間。夜は夜で、空いっぱいの星が見られる。

それはほんの数分の出来事で、ナプキンを放り投げて外に出て、湖畔で柔らかな光を浴びた。雨上がりの森からは靄が上がり、湖面がそれを反射していた。「もしかしたら人は、こんな瞬間に山の神様の存在を感じたのかもしれませんね」と高山さん。それと同じ風景を今ここで見ていることが不思議で、私たちはその光がどこかへ去ってしまうまでずっと、湖畔に立っていた。
 

手ぶらでカヤックやSUPができるのもいい。
 
大山レークホテル
鳥取県西伯郡大山町鈑戸大野湖畔1521-154
☎0859-52-3333
料金:2名1室¥19000(1泊2食付き)※税・サービス料込み、入湯税別
https://daisen.com/

※カヤック申し込みはフロントかガイド会社へ
https://www.hiddenwest.org/(HIDDEN WEST)

PROFILE

高山都 Miyako Takayama
1982年大阪府生まれ。雑誌モデルやラジオ番組パーソナリティなどで活躍。趣味の料理を生かして「クックパッドTV」の配信にも挑戦中。著書『高山都の美 食 姿』(双葉社)でありのままのライフスタイルを紹介し、同世代の女性から圧倒的支持を得ている。

行方久子 Hisako Namekata
1974年東京都生まれ。クリエイティブ&ブランディングディレクターとして活躍。アパレルブランドのディレクションや経営の経験を生かし、アパレル、フード、ビューティ、商業施設など多分野で手腕を発揮する。高山さんとは国内外を旅行する良き「旅友」。

\鳥取の魅力をもっと詳しく!/
ウェブサイト【ANA 鳥取多美】へ


\素敵な旅プランをご案内/
ANA 鳥取多美【旅行検索ページ】へ

 
●情報は、FRaU2018年12月号発売時点のものです。
Traveler:Miyako Takayama , Hisako Namekata  Photo:Kasane Nogawa Text&edit:Yuriko Kobayashi