2030 年には、平和や差別、エネルギーなど、さまざまな問題の何がどんなふうに叶えられているだろうか。“こうなって欲しい未来” をクレヨンハウス主宰の落合惠子さんに話してもらいました。

人種、性、年齢など4つの
差別の鎖が断ち切られる。

四十数年前にオープンした子供向けの書籍や玩具を揃えたクレヨンハウスを皮切りに、いまではオーガニックの野菜が並ぶ八百屋とカフェ、フェアトレードのアイテムではコーヒーや紅茶、ココナッツ製品といった食材から植物素材のアクセサリーまで、多岐にわたる商品を扱っていますが、すべてに通底するのが、誰かの涙や我慢の上に自分たちの喜びがあるのは違うという考え方でしょうか。

例えば、化粧品は動物実験を行わない100%オーガニックしか置きません。キレイになりたい思いを否定するわけではなく、動物の犠牲ありきでは気持ちよくないという話です。店舗全体を再生可能エネルギーに替えたのも同じ理由。いまも福島県の故郷に帰れない人がいるのに、そのきっかけになった東京電力や原発の電力に頼り続けるのはおかしいという思いがありました。

フェアトレードの商品をひとつ売ることによって生産者にお返しができたり、貧困の中にいる子供たちの生活にほんのわずかだけどプラスになる。義務とか責任とか言葉にすると重たいけれど、私達のお客様は、そういったメッセージを感じ取って、お金の使い方や行き先までよく考えてくれている。それがとても嬉しいし誇らしい。気付いた1人が5人に伝え、その5人がまた、というふうに小さな道筋が続けば、なかなか変えられない社会だけど、いつか必ず良い方向に向かうと信じています。

でも私達の考え方やり方がすべて正しいとも思っていません。個々の状況は様々で、絶対的な正義などないのだから。“絶対” は人を縛るものだし、他者を縛るのと同時に自分もがんじがらめになってしまうということをいつも心の片隅においています。できるなら眉間にシワをよせるのではなく笑顔で開放感のある活動を目指したい。

様々な問題を抱えている中で、いまの世の中には私達が断ち切らなければいけない4本の鎖があると考えています。ひとつは人種差別の鎖、もうひとつは性差別の鎖、そして年齢差別の鎖、最後に健常者中心主義という鎖。困難なのは承知の上。でも、セクシャリティであるとか、肌の色に囚われたらその人の本質を見失うことになるでしょう。

これまで何十年も発信し続けていることなので2030年と言わず、一刻もはやく実現させたいのが本音ですね。一見、遠いテーマに思えるけど、一人ひとりが自分に引き寄せて考えていけば、次の世代への素敵なプレゼントになることに気付くはず。自分の思いや願いが波及して誰かの幸せに繋がるって、この上なく気持ちいいことですよ。

PROFILE

落合惠子 Keiko Otiai
作家、クレヨンハウス主宰。オーガニックレストランをはじめ、児童書を扱う〈クレヨンハウス〉、女性の本の専門店〈ミズ・クレヨンハウス〉等を東京と大阪で展開。生活雑誌『いいね』発行人。著書に『泣きかたをわすれていた』(河出書房新社)など多数。

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、2018年12月20日に発足した「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。

 
●情報は、FRaU2019年1月号発売時点のものです。
Illustration:Katsuki Tanaka Text:Toyofumi Makino Text&edit:Asuka Ochi