# 医療

がんを克服した医師がみずから実践している「素朴な食事術」を明かす

簡単にできる、ポイントは空腹時間
青木 厚 プロフィール

16時間の空腹時間で、細胞が生まれ変わる

そのことに気づいて以降、私は、「①細胞の質の劣化を食い止める方法」「②NK細胞の活性を上げる方法」をテーマに研究を重ねました。

その中で、Autophagy(オートファジー)や”intermittent fasting(間歇的断食)”というキーワードに出合いました。

オートファジーとは、簡単にいうと人体の古くなった細胞を新しく生まれ変わらせる仕組みのことです。細胞が新しく生まれ変われば、NK細胞の活性も高まります。つまり、オートファジーを誘導させることは、がんの再発を防ぐのに効果を発揮するのです。

ちなみにオートファジーは2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典栄誉教授の研究テーマで、今世界中で注目が集まっています。

〔photo〕gettyimages

では、どうすればこのオートファジーを誘導することができるのでしょうか。そのために有効とされるのが、間歇的断食です。

間歇的断食とは1日のうちに16時間程度はものを食べない時間、すなわち「空腹時間」をつくる食事法です。16時間というのがポイントで、16時間の空腹時間を作るとオートファジーが誘導されることが、昨今の研究でわかっています。

 

16時間ものを食べないと聞くと、大変だと思われる方がいるかもしれません。

確かに最初の数日は空腹感が強く大変かもしれません。しかし、この強い空腹感は、意外と数日で消失します。むしろ慣れてくると、空腹の時間が気持ちよくなってきます。感覚が研ぎ澄まされて集中力が増して、診療や研究もはかどります。

マラソンをやる方なら”ランナーズハイ”をご存知かと思いますが、空腹の時もこの”ランナーズハイ”の感覚に似た”空腹ハイ”のような感覚が生じてくるのです。

実践の仕方も簡単です。

睡眠時間も空腹時間にカウントしてOKですから、たとえば、朝食を朝9時にとり、夕食を夜17時にとる人の場合、翌日の朝食まで16時間は空腹時間ができますから、逆に言えば朝食から夕食までの間は何を食べても自由です。

同様に、朝6時に朝食をとり、昼食は抜き、夜22時に夕食をとることで、16時間の空腹時間を確保するやり方でもOKとなります。朝食や夕食の内容は一切問いません。
詳しくは拙著『「空腹」こそ最強のクスリ』(アスコム刊)をご参照いただければと思います。