未解決凶悪犯罪を扱う捜査チームの活躍を描く「連続ドラマW コールドケース2 〜真実の扉〜」で、主人公の石川百合を演じる吉田さん。“役を演じるときは、できるだけ自分を消していきたい” と真摯に話す彼女が、今年はプライベートで初めて、長期の海外旅行に出かけたという。行き先はフランス。そこで起こったハプニングが、彼女を強くした?

 
▼前ページはこちら!

飛行機もホテルも自分でブッキング
フランスへの旅はハプニング続き!

――女優を続けていて “よかったなぁ” と思うのはどんなときですか?

吉田:いろんな役をやらせていただくことで、感情の引き出しが増えていくことです。例えば、台本を読んで “この人はどんな人なんだろう?” と想像するとき、それが正解か不正解かはともかく、いろんなインスピレーションが湧いてきます。

特に、現場で、相手役からいただくインスピレーションっていうのはすごいんです。あとはセットからいただくインスピレーションもある。お芝居って、いろんな人たちが関わっているから、現場のエネルギーって本当にすごくて。そのダイナミックな空気の中に居られることが、とても幸せです。

あとは、昔はなかなかアイデアが湧いても、「こうしてみたいんです」ってことを自分からは言い出せなかった。それが、少しずつ役を任せていただくことが増えることで、それが自信になっていく。ただ、私は人をまとめたりするのも得意ではないし、今まで、自分自身の役を「これでいい」と思えた作品はありません。

作品全体は素晴らしいと思えても、自分だけを見たらダメなところだらけ(笑)。でも、役者としてはそれでいいんです。自分がまだまだだと思えるからこそ、向上心が生まれ、成長していけるんですから。

あとは、私は自分が現場で心細い経験をすることが多かったので、お芝居の経験がそんなに多くない俳優さんとご一緒するときは、その俳優さんがもし自信なさそうな風情でいたら、なるべく声をかけるようにしています。

お芝居をいいとか悪いとか言ってあげられるような立場じゃないですけど、役というのは、配役された時点でその人のものだから。「この役のことを一番思っているのはあなたでしょ?」ってことを伝えます。

実は、私も実際にそんな風に声をかけていただいて、ラクになった経験があるので。自分がしてもらって嬉しかったことは、人にもしてあげたいなと思って。
 

――素敵ですね。では、羊さんがお仕事を決めるときに、大切にしていることは何ですか?

吉田:興味があるかないか、それだけですね。“面白そう!” と、思えば台本が出来上がっていない段階でも、「やりたい!」って言います(笑)。だいたい直感です。でも、自分で決めたことなら、結果がどうあれ、人のせいにはしないで済むので。

 
――職業など、似たような役が続くのは嫌ではないですか?

吉田:確かに、いろんな職業、いろんな境遇、いろんな設定の役をやる方が、挑戦のしがいはありますけど、傍目には似たような役が続いたとしても、役の個性、キャラクターは絶対に違うはずなんです。

私は演じるとき、“私らしいお芝居” というのは必要ないと思っていて、むしろ、いかに “吉田羊を消すか” に腐心します。それは、その役で観てもらうことを大事にしているからです。

――なるほど。では、最後にFRaUのテーマである旅も少し伺います。最近、旅に出かけられましたか?

吉田:今年の6月に、初めて長期休暇が取れたので、親友と二人旅をしてきました。行き先はフランスです。ずっと “一人旅がしたい” “海外旅行がしたい” とアピールしておきながら、ツアーに参加せずに自分でホテルや飛行機をブッキングして海外に出かけたのは、今回が初めてだったんです。

でもそれが本当に楽しかった! 人生と同じです。自分で責任を持って、進む先をコントロールしていくのは、こんなに楽しいし、手応えがあるんだって気づきました!

なおかつ、“自分ってこういう人間なんだ” と自分を見つめ直すこともできた。ツアーで出かけたらラクだけれど、街から街へと運ばれて行くだけで、ハプニングがないでしょう?
 

――ということは、その旅でハプニングも?

吉田:ありました! 当初の予定では、モン・サン・ミッシェルから飛行機でニースに飛ぶはずだったんですが、モン・サン・ミッシェルがあんな田舎にあると知らなくて(笑)。

午前10時発の飛行機に乗るためにタクシーを予約しようとしたら、いっぱいで。朝早くチェックアウトして、自力でタクシーを捕まえようとしたら、一台も走っていない。仕方なく、飛行機も、ニースのホテルもキャンセルしました。

あとで、フランスに詳しい人からは、「モン・サン・ミッシェルからニースに飛ぶ人なんていないよ!」って呆れられました(笑)。それに、行く前は、「スリに気をつけて」とか、「パリでブランドもののイヤリングをつけてたりしたら、耳ごと引きちぎられるぞ」とか、「高級ブランドの時計なんかしてたら、腕ごと切られてもおかしくない」とか、色々脅されていたんです。

でも、行ってみたら、拍子抜けするぐらい平和な旅でした。でも、ルーブル美術館の前で日本人がひったくりに遭った話なんかを後になって聞いて、「我々の旅は、神様に守られていたんだな」と(笑)。

ニースに行けなかったことも、「それぐらいで済んでよかったじゃん!」と、ポジティヴに受け止めて。ハプニングもネタになってくれていますし、そういう意味では、旅はまだ続いているのかもしれません(笑)。

PROFILE

吉田羊 You Yoshida
福岡県久留米市出身。1997年に舞台デビューし、その後舞台を中心に活動。ドラマデビューは2007年。NHK大河ドラマや連続テレビ小説への出演を経て、2014年のドラマ「HERO」で人気がブレーク。映画の公開待機作に『ハナレイ・ベイ』(2018年 10月19日)、『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(11月16日)がある。10月9日スタートのTBS火曜ドラマ「中学聖日記」にも出演中。

INFORMATION

ドラマ「連続ドラマW コールドケース2 〜真実の扉〜」

©WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production

未解決凶悪犯罪事件、通称 “コールドケース” を扱う捜査チーム(吉田羊、永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和)の活躍を描く。第一話「学生闘争」のゲストは橋爪功ほか。

2018年 10月13日(土)、WOWOWプライムにて放送スタート。毎週土曜日、22時~。第一話無料放送。http://www.wowow.co.jp/dramaw/coldcase2/

 
Photo:Noriko Yamamoto Styling:Chikako Aoki Hair&Make-up:Eriko Ishida Inteview&Text:Yoko Kikuchi

▼こちらの記事もチェック!