美容業界でも数少ない男性編集・美容家の3人が集まって最新コスメをあれこれ語る「俺たちのコスメ」がスタートして早半年。さまざまな工夫を凝らし、もてなしてくれるコスメ発表会を斬るという大胆企画を敢行! “ベスコス” ならぬ、“ベスト発表会” を2回にわけて紹介します。

後編は、3人が選ぶ「ベスト発表会第1位」をご紹介。ほかにも、今後の発表会を占うなど……今の美容業界がこれだけでわかる読み応え十分の内容です。

俺たちのコスメとは……
化粧品を科学で斬るビューティサイエンティスト・岡部美代治さん、男性美容研究家の藤村岳さんと、美容業界ン十年のFRaUプロデューサーの関龍彦がスキンケアからボディ、フレグランス、メイクアイテムまで、経験と知識をもとに、これからの美容業界までを占う発表会レポートです。

 
▼前編はこちら!

3人がそれぞれが選んだ
2018年印象に残ったベスト発表会!
“第1位” に輝いたのは……?

岡部美代治さんが選ぶ、2018年べスト発表会 第1位
お寺で座禅、心も肌も休める
セルヴォークの発表会に1票

――俺たちのコスメがスタートして半年。いつもの発表会レポートではなく、ベスコスならぬ、ベスト発表会を紹介してしまうという企画です。先週に続き、今日は第1位を発表! 3人が選んだベスト発表会、教えてください。まずは岡部さんから。

岡部:私の1位は「セルヴォーク(celvoke)」ですかね。紹介したスキンケアシリーズのコンセプトの「レステッドスキン(休息肌)」を全身で感じる場所のセレクトと演出がダントツでしたね。

:セルヴォーク、良かったなぁ〜。

藤村:セルヴォーク、行けなかったんですよね。残念!
 

新製品の世界観をわかりやすく演出したセルヴォーク

【俺たちのコスメvol.7】いざ勝負顔!リファはカッサ、DHCはメイクアプリで!

frau.tokyo

 
――選んだ会場が「お寺」でしたね。お寺が発表会の会場になるんだ〜とびっくりしました!

岡部:広尾の祥雲寺で天候も味方して小雨でしっとりした空気が清めてくれました。座禅体験から入るプログラムもぴったりで、製品のテスティングに効果ありでした。

:「禅」というコンセプトもしっかり伝わってきたし。
 

――製品はいかがでしたか?

岡部:どのアイテムを使っても肌感触や香りが自然に心地よくなじみました。肌を活性化することがスキンケアの効果とすれば、休ませて自然回復を促すのももう一つの効果だと気づかせてくれる製品でした。改めて使ってみると発表会の雰囲気がよみがえります。

藤村岳さんが選ぶ、2018年べスト発表会 第1位
今年1、2位を競うラグジュアリー感!
ポーラの気合いが垣間見えた発表会

藤村:ボクにとっての1位は「POLA(ポーラ)」のB.A アイコレクション! アンダーズ東京にジャーナリストを数百人規模で集め、しかも豪華なコース料理まで振る舞われたここですかね。おいしいものを食べられたからというわけではなく(笑)、それだけ気合いが入っている&景気が戻ってきたというのが、ヒシヒシと伝わってきました!
 

ポーラ B.A アイコレクションのお披露目会は、「ゴージャス!」のひとこと

【俺たちのコスメvol.8】ポーラ最高級スキンケアB.Aは、カラーもゴージャス!

frau.tokyo

 
――今年の春にデビューしていたのですが、秋に発売する新製品「B.A アイコレクション」に合わせて豪華な発表会を開催しました。「使いやすい!」と編集・ライターたちの間でも話題になっていましたね。

藤村:最高峰のB.Aの名に恥じない、大人のための色出しがお見事。モードっぽくなりすぎることなく、でもサッと塗るだけで大人の旬顔を作ることができますね。もう “すっぴん風メイク” に飽きた今ドキにすごくいい。

岡部:確かに気合を感じたし、製品コンセプトもしっかり頭とお腹(笑)に収まりましたね。やはりメイクアップアーティスト Ayami Nishimura(西村礼美)さんの語りが説得力ありました。旅先で風景や壮大な自然のイメージを5種のカラーバリエーションに表したのはすごかった。2色の組み合わせに知性を感じました。

関龍彦が選ぶ、2018年べスト発表会 第1位
発表会後の続編?
クレ・ド・ポー ボーテ「ラグジュアリー観光列車」

:僕の1位は……コレ、3人の中では僕しか行ってないので「俺コス」には書かず、個人でやっている「左手日記」(2018年 7月6日更新)にだけ書いたものなんですけど。「旅」がテーマの「クレ・ド・ポー ボーテ」の秋冬コレクション。「俺コス vol.9」では東京ステーションホテルでの発表会を紹介したけど、実はその後、「clé de peau BEAUTÉ Radiant Journey」と銘打たれた、ラグジュアリー観光列車「THE ROYAL EXPRESS」を貸し切って開催された発表会があったんだ。
 

――プレス向け発表会が開催された後に、ツアーがあったということですか?

:そう。伊豆下田までの往路の車中で、シェフ山田チカラ氏のコースランチ、メイクショー、作家川上未映子さんのトークショー、タッチアップなど充実の内容。鉄道オタクではないけど、こんな豪華列車に乗車できるのは貴重な体験だと思った。
 

:ゲストにはインフルエンサーが多かったけど、確かに、こんな演出をしてもらえたら、絶対いい写真が撮れるよね! さすがは資生堂のハイエンドブランドという、ゴージャスかつ希少感のある発表会でした。FRaUサイトでも紹介しているので、見てくださいね。
 

ラグジュアリーな列車の中で 、非日常の新商品体験会

ラグジュアリーな列車を貸し切り!クレ・ド・ポー ボーテの新マットリップ体験会

frau.tokyo

 
藤村:さすが、クレ・ド・ポー ボーテ! すごいですね。そういえば昔、ケンゾーでミステリーツアーがあって、銀座で集合して横浜の三渓園まで連れて行かれたこともありました。

岡部:そのような特別企画はやはり重要だと思います。メーカーやブランドの理解を特別のジャーナリストに限定して、深く濃く伝えていくのも発表会のあり方として意味がありますね。

NEXT≫「俺コスメンバーを泣かせた発表会!?」

上から目線でごめんなさい! 
こんな発表会は「勘弁して〜」

――では視点を変えて。たくさんの発表会に出席しているからこそ感じる、「これだけは勘弁してほしい」というようなコトはありますか?

藤村:アクセスが悪いところ反対! 天気が悪いと、それだけで欠席したくなってしまいマス。当日の天候は前々から予測できないから仕方ないんですけどね。駅から徒歩で10分以上かかるとか、そもそもタクシー前提のところには閉口。

:今年は1日に4〜5件の発表会巡り、とかあったよね。

藤村:伝えたい気持ちが空回りして、自社の思いの丈だけしか見えなくなっていると場所選びも内容も一方通行ですよね。それがお土産の重量にも反映されていたり……。

岡部:確かにアクセスは近い方が良いですけど、でも、どうしてもその場所でおこなう必要性があるなら、その理由を簡単にアピールすると、ぜひ行こうと思いますよ。もちろん、演出上、言える範囲でいいんですけど。

藤村:おっしゃる通り!

:それから寸劇チックなものとか、苦笑いするしかない演出は見ていてシンドイです。あと、声を張り上げて製品の素晴らしさを大袈裟にアピールするのも逆効果。そういうのは通販番組に任せましょう(笑)。

藤村:反応に困ること、ありますよね……。

美容業界の未来は!?
「魅せ方」「伝え方」が
カギになる発表会へ

――2018年を振り返ってみて、気づいたコトはありますか?

藤村:豪華な設えや派手な演出がまた戻ってきている気がします。手作り感のあるほっこりしたものもいいけれど、インフルエンサーなどを呼んでSNS映えさせるには必要なことなのでしょう。

岡部:たしかに岳君の言う通り、インフルエンサー向けに “映える演出” が増えましたね。私としてはもっと新製品やブランドの位置づけを知りたいので、少人数制の発表会がありがたいです。傾向としては丁寧な少人数制も増えてきていると思います。

藤村:少人数制はたしかにゆっくりと聞けます。質問もしやすいですし。

:例えば、大箱会場での華やかな発表会、自社のミーティングルームで開くこぢんまりした会。どちらが良い・悪いってことじゃないよね。発表したい内容によって演出は変わるべきだし。こちらサイドとしては、この世に新たに生まれたその製品の一番輝いているポイントが「理解できて」「印象に残って」、だからこそ「第三者にうまく伝えられる」ようになるのが、ありがたい発表会なのだと思います。

2018年「ベスト発表会」最終結果

岡部賞

1位 セルヴォーク「レステッドスキン」シリーズ
2位 エスト「エスト ザ・クリーム TR」
3位 ローズ ド マラケシュ「ローズ リクイド」

 
藤村賞

1位 ポーラ「B.A アイコレクション」
2位 SHISEIDO新製品デビュー
3位 メルヴィータ「インディゴオイル」

 
関賞

1位 クレ・ド・ポー ボーテ AWコレクションプレスツアー
2位 SUQQU秋の新製品&15周年発表会
3位 BOCHANデビュー

PROFILE

岡部美代治 Miyoji Okabe
ビューティサイエンティスト。(株)コーセーの研究所を経て(株)アルビオンにて商品開発、マーケティングなどを担当。2008年独立し、現在は美容コンサルタントとして活動。商品開発、美容教育アドバイスなどを行うほか、講演・セミナーの依頼や雑誌取材なども多い。

藤村岳 Gaku Fujimura
男性美容研究家。編集者を経て独立。シェービングを中心に独自の理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動。テレビ出演のほか、講演、コスメ開発やマーケティングなども行う。スパ・エステについても造詣が深い。著書に『一流の男はなぜ爪を手入れするのか?』がある。サイトは、男性美容研究所。男性美容研究所:http://danbiken.net/

関龍彦 Tatsuhiko Seki
FRaU プロデューサー。講談社入社後、『ViVi』『FRaU』の編集者を経て『VOCE』創刊のため新雑誌準備室へ。2004年より6年間、同誌編集長。2010年より4年間、『FRaU』編集長。2018年より現職。ビューティ界の新サービス「BE-BANK」エグゼクティブ・プロデューサーも務める。

 
Illustration:YUGO. Composition:Mayumi Hasegawa

▼「俺たちのコスメ」全部読む!