景色で選ぶ! オーベルジュで過ごす、ごほうび美食旅

美味しい料理をゆったりと楽しめるオーベルジュ。食事の内容やお部屋の雰囲気で選ぶのはもちろんですが、“どんな環境の中で滞在し、どんな景色を見たいか” で選ぶのもアリ。ちょっぴり贅沢な憧れオーベルジュ旅を、頑張った自分へのごほうびにしてみませんか?

【目次】
1. 山のオーベルジュ
2. 湖のオーベルジュ
3. 海のオーベルジュ

“山” のオーベルジュ

星野リゾート ロテルド比叡

比叡山の懐にひっそりと佇むオーベルジュ。豊かな自然を感じられる静かな空間が、日々の喧騒を忘れさせてくれます。
 

近江は発酵に適した気温・湿度に恵まれた土地だったため、古くから独自の食文化である「発酵食」が受け継がれてきました。ロテルド比叡のお料理は、鮒鮓やチーズなど、伝統の発酵食とフレンチが融合した、新感覚のフレンチ。

古くから京都の食と生活を支えてきた近江の食材や、日本最大の湖・琵琶湖の食材をふんだんに使用します。
 

スタンダードツイン客室の一例。

ナチュラルモダンな客室は、部屋ごとに設えが異なる全29室。比叡山の森に囲まれた空間で寛いで。
 

標高650mの展望デッキ「山床カフェ」からは、比叡山の木々、琵琶湖、さらにその先に広がる近江の夜景まで、一望できます。
 

精進フレンチ夕食イメージ

2019年 1月6日~6月30日には、比叡山が紡いできた精進の思想を元にしたフレンチとモクテル(ノンアルコールカクテル)のペアリングディナーや無動寺での行体験、根菜を取り入れた「精進朝食」を通して、心と身体を調える1泊2日の宿泊プラン「比叡山お精進滞在」(2名1室利用時1名 ¥28500~・税サ込)も。

星野リゾート ロテルド比叡
京都府京都市左京区比叡山一本杉
☎0570-073-022(星野リゾート予約センター)
客室数:全29室
1泊2食付・大人1名¥24200~(2名1室利用時・税サ込)
https://hr.hotel-hiei.jp

 
周辺の観光スポット
世界文化遺産に認定されている「延暦寺」は天台宗の総本山。比叡山の山内にある500ヘクタールの境内地には、約150の堂塔が点在し、それらを総称して延暦寺と呼びます。

NEXT≫「湖のオーベルジュ」

“湖” のオーベルジュ

浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン

滋味豊かな食材の宝庫として知られ、日本中の美食家たちも多く訪れる浜名湖。その大パノラマを臨むプロヴァンスモダンなオーベルジュ。
 

浜名湖や近海で水揚げされる魚介、地元の野菜やハーブなど、シェフ自らが吟味した旬の食材に使った特製フレンチを提供。素材の味を引き立てる繊細な味付けが施された料理は、老若男女問わず誰もが食べやすい優しい味わいの “身体に優しいフレンチ” として知られています。
 

モダンなスイートルームをはじめとするすべての客室がレイクビュー。
 

Café&Bar 浜名湖テラスでグラスを傾けながら、浜名湖の夜景を眺めるのも◎。

浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン
静岡県湖西市横山317-93
☎053-578-1000
休館日:火・水 ※祝日は営業
客室数:全4室
1泊2食付・1室¥20000~(2名1室利用時)
http://auberge.l-qs.com/

 
周辺の観光スポット
瀬戸港から「浜名湖遊覧船」に乗ってクルージング。心地よい風に吹かれ、四季の移ろいを感じながら、浜名湖の観光スポットを湖上から眺めることができます。

NEXT≫「海のオーベルジュ」

“海” のオーベルジュ

オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海

相模湾を一望する静かな高台に佇む全室オーシャンビューのオーベルジュ。陽の光を浴びて穏やかな海がキラキラ輝く日中の景色が素晴らしいのはもちろん、月の光が静かに海面を照らす夜も幻想的。
 

相模湾で捕れた新鮮な魚貝を中心に、伊豆半島産の野菜や香り高いフルーツをふんだんに使った、海と大地のフレンチ。見て楽しい、食べて楽しい食材の組み合わせも好評です。
 

シンプルで落ち着いた雰囲気の客室すべてに、源泉掛け流しの露天風呂が備えられています。豊富に含まれた塩分により、湯冷めしにくい熱海温泉の源泉と海景色を独り占めに!

オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海
静岡県熱海市下多賀1484-5
☎0557-68-3303
客室数:全10室
1泊2食付・大人1名¥30000~(2名1室利用時)
https://fontenu-atami.com/cuisine/

 
周辺の観光スポット
伊豆という地名の発祥地である「伊豆山神社」。源頼朝や徳川家康も参拝に訪れたとされる “強運・天下取り” の神社。また、源頼朝とその妻・北条政子がこの境内で逢瀬を重ね、恋を成就させたという逸話から、縁結びの神社としても知られています。

 
Composition:Aiko Hayashi

▼こちらの記事もチェック!