エシカルなものづくりから生まれた、自然素材のプロダクト

今日、口にした食べ物や着ている服は、どのような人がつくり、どこからやってきたか知っていますか? そこに労働搾取や児童労働、環境破壊はないかと、ものの背景を知って買うことからはじめてみてください。といってもストイックになりすぎることなく楽しみながら。エシカルな買い物は、社会や環境に貢献できます。

ヒポポタマスのタオル

 

フェイスタオル¥3300(HPS)☎03-3817-0855

上質なオーガニックコットンと、エコ素材である再生竹繊維を交織することで、コシがあるのに柔らかいという独特の風合いと、爽快な拭き心地を実現。重金属を含まない染料を使って鮮やかな色に染め上げ、石鎚山の地下水で丹念に洗うことで、乳幼児が口に含んでも安全なタオルに仕上げている。廃水は最新の汚水処理技術を駆使して処理。「エコテックス®スタンダード100」において最も厳しいClass1を取得した、安心安全なタオル。

People Treeの服

サイドスリットシャツ¥12000、Lee・オーガニックコットンデニム ルーズテーパード¥14000(ピープルツリー)www.peopletree.co.jp

服、雑貨、食べ物……人が生活する中で欠かせないものがエシカルであり、それによって幸せになれたら。そんな思いが込められたフェアトレード専門ブランド〈ピープルツリー〉。オーガニックコットンのデニムや生分解性を持つ原料でつくられるエコ繊維テンセル™のシャツを選ぶことが、環境問題や人権問題を解決することに繋がる。社会貢献とファッションが同時にかなうアイテムだ。

FilMelangeのスウェット

スウェットRUBY¥26000(フィルメランジェ)☎03-6447-1107

今年で誕生から11年。『Fil(フィル)』は糸を、『Melange(メランジェ)』は混色、いわゆる杢を意味する。〈フィルメランジェ〉というブランド名は、『混色の糸』という意味の造語からつけられた。デザイン的にもブランドイメージ的にも、アメリカの古着をルーツにしながらも、ブランドコンセプトのひとつである “自然の摂理に逆らわないものづくり” “地球に優しい素材を使い、日本のいいこと・いいものを伝えていく” ことを、現在に至るまで、一貫した姿勢で取り組んでいる。

定番のアイテムであるスウェットは、表糸に最高級のオーガニックコットン「アルティメイトピマ」を、裏糸には世界各国の最良なオーガニックコットンをブレンドしたものを使用。「アルティメイトピマ」とは、海島綿(シーアイランドコットン)の種をオーガニック農場に移し育てられたコットンのことで、シルクのような光沢感とカシミアのような柔らかさを備えている。大切に着続けることで、やがてヴィンテージに育っていくような、10年後の風合いまでをイメージしデザインされている。

異業種交流も盛んに行っていて、直営店の7周年には落語家を呼び、若い世代へ日本の伝統芸能を伝えるユニークなイベントも。また、過酷な医療の現場に携わる人にオーガニックコットンのTシャツを届けるなど、ソーシャルな取り組みを行い、アパレルという垣根を越えてエシカルに基づいた良品を伝える活動をしている。 

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、12月20日に発足した「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。

 
●情報は、FRaU2019年1月号発売時点のものです。
Photo:Shota Matsumoto , Toru Oshima(still) Text:Shiori Fujii Text&edit:Shoko Matsumoto

▼こちらの記事もチェック!