インドネシアの秘境・フローレス島の5つ星ホテル「アヤナ コモド リゾート ワエチチュ ビーチ」で極上ステイ!

世界自然遺産「コモド国立公園」の玄関口であり、ポルトガル語で “花” を意味する名を持つフローレス島。クリスタルブルーの美しい海に浮かぶインドネシアの島々の中でも、特に美しい島の1つと言われるフローレス島は、バリ島とはまた違った魅力を感じられる、インドネシアの注目スポットなんです。

今回は、フローレス島にオープンしたエリア唯一の5つ星ホテル「アヤナ コモド リゾート ワエチチュ ビーチ」をご紹介します。

【目次】
1. プールや多彩なレストラン&バー
2. オーシャンビューのゲストルーム
3. 桟橋から出航するデイトリップ

ロビー、レストラン、プール……
すべてが海につながる開放感!

提供:アヤナリゾート

インドネシアの首都ジャカルタ(スカルノ・ハッタ国際空港)から飛行機で約2時間30分、バリ島・デンパサール(ングラ・ライ国際空港)から約1時間30分に位置するフローレス島。島の西側にある海に面した崖に沿って佇むのが、2018年 9月15日に誕生した「アヤナ コモド リゾート ワエチチュ ビーチ(以下、アヤナコモド)」です。

インドネシア国内で展開するホテルチェーンであるアヤナリゾートの1つで、日本人旅行者にも知名度・人気ともに高いバリとジャカルタに続く5つ目のアヤナブランドです。
 

フローレス島のラブハンバジョ(コモド空港)から車で約15分。エントランスロビーはホテルの最上階・11階にあり、屋根はあるものの窓がない開放的な造り。到着と同時に絶景を堪能できる空間です。
 

海から吹き抜ける心地よい風を感じながら、冷たいウェルカムドリンクを。
 

ロビーに隣接するかたちで、ロビーラウンジ「MESA Bar(メサバー)」も。ククサン島が浮かぶオーシャンビューを眺めつつ、軽食などを楽しめます。
 

メインプールは屋外のインフィニティプール。そのまま海へとつながるような開放的な眺めが魅力です。
 

プールにはバーも併設。日中に色鮮やかなスムージー、冷たいココナッツジュース、冷えたビールとともにヘルシーな食事を楽しむのもよし、夕暮れ時にカクテルを片手に美しいサンセットを楽しむもよし。
 

提供:アヤナリゾート

ホテルのプライベートビーチでは、カヤック、SUP、シュノーケリングセットをレンタルして、マリンアクティビティを楽しめます。
 

ビーチには新鮮なシーフードを好きな調理法で堪能できるレストラン「Kisik Seafood Restaurant(キシックシーフードレストラン)」も。キャンドルの揺れる灯と海の音に包まれるディナーはロマンティック!
 

リゾートから続く桟橋の先には、ゆったりとくつろげるバー「Naga Bar(ナガバー)」が。海のアクティビティを楽しみながら利用できます。
 

このほか、アジア料理を中心とした各国料理を提供するオールデイダイニング「RINCA(リンチャ)」、バー「UNIQUE Rooftop Bar(ユニークルーフトップバー) 」、日本食レストラン「HonZEN(本膳)」と、合計7つのレストラン&バーがあり、長期滞在でも飽きずに楽しめそう。

NEXT≫「オーシャンビューのゲストルーム」

ゲストルームは
全室オーシャンビュー!

全205室のスイートルームを含むゲストルームすべてがオーシャンビューで、バルコニーも完備。
 

サンセットを最大限に楽しめるように考えられた設計というだけあって、客室のバルコニーからの眺めは最高です。
 

海をモチーフにしたかわいいインテリアも注目したい部分。
 

ガラス張りのバスルームには、深めのバスタブも。旅の疲れを癒やすのはもちろん、海やプールで冷えた体を温めたい時にも嬉しい! バスタブに浸かりながら、外の景色も楽しめます。
 

オリジナルのアメニティ。

NEXT≫「ホテルの桟橋からデイトリップへ」

ホテルの桟橋から出航する
デイトリップ

ホテルのプールやプライベートビーチでのんびり過ごすのもオススメですが、せっかくならフローレス島や世界自然遺産「コモド国立公園」を満喫できるツアーに参加してみては? ホテルの桟橋から出航するさまざまなツアーが用意されています。
 

「グラスボトムボート」ツアー(大人ひとり US$45)は、船の底がガラス張りになっているグラスボトムボート「ラコ タカ号」に乗って、付近の海を巡ります。水に濡れることなく海の世界を眺めることができるので、泳ぎが苦手な人や小さな子どもでも楽しめます。
 

「エクスプローラ リンチャ島」ツアー(大人ひとり US$180)は、コモド国立公園リンチャ島でコモドオオトカゲ(コモドドラゴン)を探しながら島内散策。コモドオオトカゲは、世界最大のトカゲとして知られ、“恐竜の子孫” とも称されます。
 

さらにシュノーケリングスポットも訪れます。取材時に訪れたのは、エンジェルアイランド。透明度の高い海の美しさは圧巻!
 

ビーチの砂をよく観てみると赤いツブツブが。これは赤いサンゴのかけらで、これが多く波打ち際に寄せられたビーチはピンク色に見えることから「ピンクサンドビーチ」と呼ばれ、Instagramなどでも話題となっています。
 

ピンクサンドビーチ/提供:アヤナリゾート

ピンクサンドビーチを尋ねるツアーなどにも参加して、ぜひフローレス島やコモド諸島の魅力を余すことなく堪能してください!
※各ツアーは天候や海の状況等により、スケジュールや内容が変更となる場合や危険と判断された場合、催行中止となる場合があります。

AYANA KOMODO RESORT, WAECICU BEACH(アヤナ コモド リゾート ワエチチュビーチ)
Pantai Waecicu,Labuan Bajo,komodo,kabupaten Manggarai Barat,Nusa Tenggara Timur,indonesia
☎03-6459-3670(アヤナ東京セールスオフィス)
https://www.ayana.com/labuan-bajo/ayana-komodo
予約:https://ayanaresort.net/jp/

 
※本記事掲載の宿泊費および食事代金には、別途税金サービス料21%が加算されます。
Photo&Composition:Aiko Hayashi

▼こちらの記事もチェック!