SEXは究極のスキンケア、女性として潤うためにやるべき16のこと

肌と肌の触れ合いで伝わる体温、羞恥心を超える心地よい刺激、うっとりするほど甘い囁き、愛する人と繋がる一体感……。カラダとココロが喜びに満ちて、外見も内面も魅力的に艶めくSEXは、まさに究極のスキンケア。事実、「濃密に愛し合った翌日は肌の調子が良い!」「大好きな彼に抱かれるとキレイになる」など、その美容効果を感じている女性も多く存在するでしょう。つまり、より良いSEXを追求することは美を追求することと同義。そればかりか、“幸せなSEX” は、今も昔も女性としての潤いに欠かせない重要なファクターなのです。

教えてくれたのは……
心理カウンセラー
塚越友子先生
心理学を生かし銀座No.1 ホステスに。現在は、悩みを解決して恋愛や仕事の人間関係改善を行う「東京中央カウンセリング」を主宰している。
 
婦人科医
池下育子先生
いけした女性クリニック銀座院長。婦人科診療はもとより、性の悩みにも本音でアドバイス。心身のトラブル全般について積極的に取組んでいる。

潤うカラダ

キーワードは『女性ホルモンの活性化』と『豊かな生活』。仕事にプライベートに忙しく生きる現代女性に寄り添った、より良いSEXに欠かせない潤うカラダのメカニズムを池下先生がレクチャー。

幸せなSEXライフは
“恋をしている男性”
との間で生まれるもの

性器と性器を結合するだけの気持ちがこもっていないSEXでは、いくら回数を重ねても “SEX=女性として潤う” とは程遠くなるだけ。でも、一緒にいて楽しいと思える好きな男性となら、SEXをすることで幸せホルモンと呼ばれるセロトニン、オキシトシン、ドーパミンがバランス良く活発に分泌。その結果、女性ホルモンのバランスが整って美肌&美髪に!

  
生体リズムが整ったメリハリのある
生活は女性ホルモンに好影響

『太陽が昇ったら起床して朝食を取り、太陽が沈んだら寝る』といった、人間が生まれ持った生体リズムをある程度尊重して生活をしていくことが大事。例えば、久しぶりの飲み会などで夜中まで遊んでベッドに入るのが普段より遅い3時になってしまったときでも、翌朝は普段通りの時間に起きて。ベースとなる生体リズムから時差が生じないように注意。

 
笑ったり怒ったり……豊かに
生きることで濡れやすいカラダに

自律神経には、オンにあたる交感神経とオフにあたる副交感神経があり、その2つのスイッチを上手に切り替えることができると新陳代謝が促進されて肌艶が良くなるうえ、カラダの濡れやすさにも直結。ただ、切り替えはしようと思ってできることではないので、普段からよく笑って、怒るときは思いっきり怒るなど、感情豊かな生き方をすること。そうすれば自律神経系が無意識にコントロールできるように。

 
ストレスを発散して
女性ホルモンを活性化!
潤いを取り戻す

女性ホルモンはストレスが原因で乱れることが多いため、自分で感じているストレスは少しでも軽減することが重要。気持ちが疲れ切っている人は、アロマを焚いてハーブティーを飲むなどドロージーに過ごして。逆にパワーが有り余っている人は、ランニングやダンスなどアクティブにカラダを動かすべき。本当に楽しい、気持ちいいと思えることで発散を。

 
五感をフル活用!美味しく楽しく
幸せに食事をして魅力UP

カラダに良い食べ物とココロに響く&ココロが喜ぶ食べ物は別ということを心得て。毎日毎日、栄養素や栄養バランスなど情報に縛られすぎず、たまにはココロを解放して食べたいものを食べるべき。おにぎり1個でも、五感を使って本当に美味しいと思いながらココロが気持ちいい食事をすることは、幸せオーラへの近道。

 
敏感なカラダ作りで
SEXが楽しめる艶っぽい女性に

感度を磨くにはずばり手で行うマスターベーションが効果的。感染と傷が怖いので、気をつけるべきは、清潔を保つこととハードな機械を使わないこと。また、“締まり” を改善する膣トレは、オーガズムに達しやすいカラダになったり、ダイエット&アンチエイジングになったり、さらに、締め付ける力がUPすることで男性側が感じやすくなったり。自分のためにも相手のためにもおすすめ。

NEXT≫「豊かな五感の持ち主は官能的であり深く感じられる人」

感じるココロ

 

官能的な思考、本能に火をつけるスイッチ、コミュニケーションの向上、男性が喜ぶ心理テクニック……。多方面から、塚越先生が思う “幸せなSEX” のベースとなる、感じるココロの養い方をご紹介。

 
頭でっかちにならずココロの声と
向き合って本来の性癖に出会う

好奇心が強くてSEXにロマンチックな妄想を膨らませすぎたり、あふれ返る情報や都市伝説に振り回されたり。思い込みや知識によってココロとカラダの連動性が弱くなると、SEXの中で何に感じているのかを見失いがち。今一度ココロの声に耳を傾けて、その行為は自分が喜んでいることなのか、本当に求めていることなのか、チェックをしてみよう。

 
気持ち的にしっくりくる傾向が
高いのは神経質な男性とのSEX

羞恥心が強い日本人女性は、神経質な男性とSEXの相性が良くコミュニケーションも取りやすい傾向に。ただ、お互いに緊張してしまうタイプなので、まずは軽くお酒など飲みながら食事をして、楽しいおしゃべりでココロをほぐしてからベッドインを。きちんとSEXに到るまでの段階を踏んで、官能を意識せずにリラックスムードを作ることが大事。

 
男性の性格に合わせた良質な
スパイスを使って濃密な時間を過ごす

新しいことが大好きで好奇心旺盛な人には、いつもと場所を変えたり、シチュエーションを作ったり、ソフトSMに挑戦したり、アブノーマルな刺激が吉。逆に、ルーティーンを壊したくない真面目で誠実な人には、下着を派手にする&普段とは違う声を出すなどちょっとした演出を。また、外交的な人にはAV女優の真似のような刺激的なよがり方、協調性を大切にする人には欲求やプラスの感想を言葉にするのが効果的。

 
豊かな五感の持ち主は
官能的であり深く感じられる人

五感を鍛える訓練としておすすめしたいのが実況中継。今、目に見えている物事、手で触れたものの感触、聞こえている音、口に入れた食べ物の味、鼻に伝わる匂いなど、こと細かく明確に言葉で表現して。このとき良し悪しの判断をしたり頭を使うのはNG。意識をカラダの一カ所にグッと集中させるトレーニングを。

 
相手ありきではなく自分ありきで
考えると一段上の大人の営みに

SEXに罪悪感や嫌悪感を持っているとしても受け身になりがち。でも、感覚を研ぎ澄ませて子宮がどう感じているのか認識できるほどカラダを開発すると、それまでは満足していたはずの男性のテクニックでは満足できなくなり、「相手に任せていたらもったいない」と考えるように。そのうち男女の主従関係に変化が起こり、性に対して大胆になった女性は男性への要求が高まる。女性がして欲しいことを素直に伝えられるSEXはまさに理想的。

 
彼のカラダの匂いをたっぷりと
味わってエロスイッチを入れる

五感の中でも、嗅覚だけはその情報がダイレクトに脳へと到達する感覚。特に女性は本能で相手の匂いを嗅ぎ分けているので、「心地よい匂い」と感じる男性とは相性が良いということ。その匂いを思いっきり嗅ぐことで、自然と動物的本能に火がつく!

 
外食時、テーブルの下で脚を
スリスリして彼を挑発する

女性より男性のほうがロマンチストで、SEX前に雰囲気を作りたがるもの。興奮材料となるタブーの演出をしたい場合は、レストランやダイニングバーでの食事中、他人からは見えないテーブルの下で彼の脚に自分の脚を絡めてスリスリするのが効果的。あまりにも挑発的だと引いてしまうので、お膳立てレベルで気を引くのが正解。

 
男性を喜ばせるにはわかりやすい
反応でのアピールが不可欠

SEXの最中に女性が興奮しているさまは、男性にとって大きな喜びそのもの。ただし、わかりやすく単純でないと伝わらないので、息切れした喘ぎ声、「気持ちいい」というつぶやき、腕にしがみつくなどが有効手段。また、フィニッシュ後はボーッとするぐらいがベター。“自分のSEXでヘロヘロにさせたい” 男性の征服欲を満たすと「次も頑張ろう」という活力につながり、そのエネルギーはあなたに還元される。

 
官能は脳のエネルギー!
日記をつけることで鍛えられる

彼がしてくれて嬉しかったこと、関係が深まったことなど、ふたりの間で起こった事柄を言葉にして記して。たった1行でも良いので毎日日記をつけると、SEXによって生じるファンタジックな感性を刺激することになるため、脳内での喜びが倍増。結果、官能的な思考が活性化するという仕組み。

 
お互いの関係性を向上させることが
より良いSEXへの近道

行為以前に、会話や触れ合いで彼とあなたのココロを寄り添わせておくことが大事なプロセス。2週間に1回は一緒に外食をして携帯電話を手放した状態で会話に没頭する、休日は仲良く料理をして共同作業をするなど、しっかりコミュニケーションをとってお互いの理解を深めよう。仕事が忙しいor長年交際しているカップルほど実践すべき。
  

ART WORK BY……
TORI .
広告や写真集、数々のファッションエディトリアルやショーヘアメイクアップも手がけると同時にコラージュアーティストとしても活動し、現在はブランドや雑誌など様々な媒体に作品を提供している。http://toricollage.tumblr.com/

 
●情報は、FRaU2018年11月号発売時点のものです。
Text:Chiharu Tabe Artwork:TORI.

▼こちらの記事もチェック!