本場の癒やしを堪能したい、海外の極上マッサージ

自らも健康と美容に関する資格を15以上持ち、女性誌で世界のSPAを紹介する連載を持っていたこともある早野實希子さん。世界で活躍するスペシャルセラピストが、さまざまなマッサージの特徴と効果、注意点をレクチャー。海外旅行でも、これで安心してSPAにいけます!

海外でマッサージを
受ける時のポイントは

海外では当然でも、日本の女性には「え?」と思うこともあります。国によって医療行為としている施術が違うことがあるので事前に確認したほうがいいでしょう。セラピストが男性か女性かも確認してください。そして強弱や触れてほしくないところをきちんと伝えておくこと。また、メニューによっては全裸をすすめられる場合もあるので、いやな場合ははっきり伝えましょう。ボディラップなどではオイルに含まれる成分を確認してください。アレルギーで大変なことになりかねません。

ロミロミ

 

ハワイの伝統的な医療やヒーリング法から生まれたリラクセーションマッサージです。前腕部の内側をすべらせるように使うのが特徴のディープでリズミカルなマッサージ。背中を中心に、前腕部の他に手のひらやひじで施術します。オイルのほかにストーンを使うこともあります。

元々、マナと言われる自然・大地のエネルギーを体内に取り込むことで、病気を治すのがロミロミのポイントなので、波の音など自然を意識するといいでしょう。

リンパドレナージュ

 

「リンパの排出」という意味で、血管の下のリンパ管を動かしてリンパ液をリンパ節に流し込み、リンパ液の循環と老廃物の排泄を促進するというものです。

欧米では静脈瘤対策として医療の現場で施術されることも多いのに対して、日本のリンパマッサージはオイルを使い強めの手技で、痩身、むくみを取る効果をうたうものが多いようです。日本のリンパマッサージに慣れた人には物足りなく感じることがあるかもしれません。

筋膜リリース

筋膜はがし、とも言われて日本ではブームになりましたが、筋膜は筋肉を覆うシートではなく、単純にくっついたものをはがすわけではありません。実際は網目状で水分を多く含んだ組織で、筋肉だけではなく血管や内臓なども包んで、体のスムーズな動きを可能にしています。

筋膜リリースは、圧や振動を与えて筋膜を伸ばすことによって、水分が減って滑りの悪くなった筋膜を解放し、元の状態に戻すことで、疲労を軽減し筋肉の柔軟性を回復して、可動域を広げます。

オンサイトマッサージ

 

チェアマッサージとも言いますが、椅子の背もたれに寄りかかるようにして、首、肩、背中を集中的にマッサージします。

ジェットラグのように睡眠のリズムが乱れた時、マッサージ中に眠ってしまわないように、短時間で背部に集中して行います。服を脱いだりすることもなく、気軽に受けることができます。

インディアンヘッドマッサージ

インドに古くから伝わる頭皮マッサージ。椅子などに座った状態で行います。オイルやクリームは使わず、押す、もむ、さする、軽くたたく、毛をひっぱるなど多彩な手技でマッサージします。

チャクラ(エネルギーのポイント)に働きかけ、全身のバランスを整えて、眼精疲労や緊張、ストレスの軽減にも効果があります。

タイ古式マッサージ

インドのアーユルベーダ、ヨガ、中国のツボ、日本の指圧などの要素をあわせ持つマッサージですが、マッサージというにはアクロバティックな姿勢を取ることもあり、爽快感はありますが、体の硬い人や、バキバキ音がするほどの刺激を望まない欧米人には敬遠されることもあります。

アンティセルライト

脂肪細胞が老廃物や水分をため込んで塊になり、肌がでこぼこしているように見えるのがセルライト。冷えや太りやすい体質の原因でもあるセルライトをつぶして流すマッサージです。

リンパドレナージュやスリミングのメニューに加えているSPAもあります。セルライトはむくみももたらすので、つぶして流すことで痩身効果が得られるとも言われています。

アキュプレッシャー

痛みや症状にきくツボを押す対症療法的な要素が強い施術です。針の代わりに指を使いそれぞれのアキュポイント(ツボ)に働きかけ、エネルギー(気)を動かし体の気の流れをバランスよく整えます。

中国から日本に伝わり、医療行為として長い歴史を持つ日本の指圧と似た部分もありますが、海外では異なる理論を唱える施術者もいます。

ディープティシュ

 

指、手のひら、そして時にひじを使う、強く深めのマッサージ。筋肉疲労、首、肩の凝りに効果的です。筋肉の組織に深く働きかけて、組織を「剥離する」ようにします。筋肉や関節を酷使するアスリートの多くが取り入れていて、疲労した箇所に強い圧をかけていきます。

筋肉量の多い欧米人には人気のマッサージでSPAのメニューにも入れているところが多いです。体の癖でバランスの崩れた筋肉の緊張を深部からほぐすので、姿勢の矯正にもなります。もちろん血行改善、疲労回復、リラクセーションにも効果大です。

リフレクソロジー

足裏に全身につながる反射区があり、そこに刺激を加えることで臓器に働きかけ、不調の改善や美容に効果をもたらす、というものです。血行促進や老廃物の排出を促すため、体の冷え、むくみ、凝りなどの症状も緩和される上、ストレスの軽減にも役立ちます。

フットチャート(足裏反射区図)を見るとわかりますが、ツボのような点ではなく、面でとらえているのが特徴です。イギリスでは保険医療にも組み込まれており、ホスピスなどでも行われています。

アレクサンダーテクニーク

 

もともとはロンドンの演劇界で尊重された心身体技法です。心身の不必要な緊張に気づき、それを解く方法を習得します。その手がかりとして頭・首・胴体の関係を重要視、考えていることと実際の体の動きの相互作用をしらべ調整するというものです。

体の使い方に秀でた俳優のためのメソッドなので、これ自体は一般人には難しく、このテクニックを基にしたマッサージで姿勢矯正、筋膜リリースなどを行うメニューを取り入れているSPAもあります。頸椎へのアプローチも特徴的です。

エサレンマッサージ

カリフォルニアにあるエサレン研究所で誕生したオイルマッサージです。スウェディッシュマッサージを基本にしながら、これにフレームワークとディテールワークという考え方を加えたものです。フレームワークは、ロングストロークをメインに、ディテールワークは、肩や腰など体の部位に行うマッサージです。

これに立体的なストローク、体の深部へのアプローチ、手足のムーブメント、ストレッチ、ロッキングなどの多彩なテクニックを駆使して身体感覚を覚醒させ、ポテンシャルを回復します。西海岸生まれの心身へのアプローチを目的としたマッサージです。

ホットストーンセラピー

文字通り温めた石を使ったセラピーで、背中に置き石するのをイメージされる方も多いと思いますが、顔に置いたり、マッサージに使うこともあります。

ストーンは溶岩が固まった火成岩(特に玄武岩)を使うことが多く、オイルをなじませて行うSPAやサロンもあります。玄武岩は熱をよく保持するので、遠赤外線効果で血行が良くなり、冷えやむくみ、肌のくすみなどにも効果があります。冷やした石を組み込むこともあります。

オステオパシー

人間の体を一つのユニットとしてとらえ、全体が調和した状態が健康であるという医療哲学体系が基本です。バランスが崩れることにより生じる筋肉・筋膜・骨格・内臓・神経系・リンパ・血管等の障害、歪みを解放するために、人間本来の自然治癒力を高めるセラピーです。

硬膜の緊張や髄液の流れの不調に着目、頭蓋骨の調整に特化したクラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)もあります。

アキュパンクチュア

東洋の鍼のこと。極細の鍼を挿入して肌表面に微細な傷がつくことで、それを治そうとして自然治癒力が活性化すると言われるとともに、ツボ・経絡を刺激して気の流れを良くし、自律神経を整えます。

アメリカの病院ランキング1位(U.S. News Best Hospital2015-16)のメイヨークリニックでも治療が受けられるほど、西欧でも評価が高いセラピーです。

スウェディッシュマッサージ

 

オイルを使ってゆったりとなでるようなマッサージです。緊張をゆるめるリラックス効果が特長。名前の通りスウェーデンの生理学者が考案した「人の手によるスキンシップで、エネルギーの交流と運動機能の向上」を図るマッサージ法で、現代のオイルマッサージの源流とも言われています。

少ないオイルで筋肉に効果的な刺激を与え、血行を良くし、老廃物の排出を助ける、という効果があります。頭から足まで通してマッサージする、ロングストロークが特徴です。アロマセラピーと組み合わせることも多いです。

ボウエンマッサージ

 

オーストラリア発祥の無理な力を加えない優しい手技で、体を副交感神経が優位な状態に導きます。筋や腱の中にある固有受容器を刺激することにより体全体の反応を促します。体をリラックスした状態にして本来の機能を取り戻すマッサージです。

ローリングモーションでのストレッチ、筋膜リリースの要素もあり、スポーツマッサージの一種ととらえる人もいます。

メリディアンマッサージ

東洋の経絡を基にしたマッサージ。メリディアンとは日本語で経絡のこと。経絡とは中医学で言う気(および血・水)の流れ道(メリディアンライン)で、全身を巡る経絡とツボをマッサージすることで、気の流れを良くし、体に溜まった老廃物を排出させ、必要なものは補うことができるように整えていくというものです。

各臓器につながっている経絡を整えることでその臓器の不調を改善するので、経絡トリートメントとも言います。アロマセラピーと組み合わせたアロマティックメリディアンマッサージというものもあります。

PROFILE

早野實希子さん
薬剤師・セラピスト・内外美容研究家。ボディ&マインドの内外美容を提唱する「アプソリュハービン トーキョウ」主宰。ロンドンの女性限定最高級メンバーズクラブ「グレース・ベルグラヴィア」内にもサロンを設立。日本と海外を行き来し、多数のセレブリティや王族の施術も行う、世界的スペシャリスト。

 
※マッサージは施術者によって理論も技術も変わります。ここに紹介したものは、あくまで一般的なものと考えてください。

●情報は、FRaU2018年10月号発売時点のものです。
illustration_ Hayato Kazama

▼こちらの記事もチェック!