秘湯から人気の温泉まで!歴史ある「鳥取」の湯めぐりへ

古代から連綿とつづく奥ゆかしい歴史と伝統をもちながら、ユニークに進化している山陰。今、新たな風とともに歩きたい5つの旅を絵巻にしたためました。今回は、湯めぐりの巻、鳥取編。あたらしい聖地巡礼を、ご一緒に。

喧騒を抜け出し、
秘湯から大人気温泉へ。

日本創世からつづく久遠の歴史を誇る山陰は、温泉の歴史も1000年超えは当たり前。鳥取市内から車で20分の立地にある「吉岡温泉」は、岩井温泉・勝見温泉と並ぶ因幡三湯の一つとして平安時代から栄えた風光明媚な温泉地。

一方、「鹿野温泉」は戦国大名・毛利氏の抗争の舞台となった鷲峰山(じゅぼうやま)の古い城下町で湯けむりを上げる湯治場。どちらも足湯や温泉を楽しみながら史跡をめぐりたいエリアです。

同じく鳥取・米子にはダイナミックな海の温泉も。ポコポコとしたお椀型の海岸線がユニークな「皆生(かいけ)温泉」では、なんと数万年前の古代海水を含むとされるミネラルたっぷりの “塩の湯” が有名です。

【其の一】
吉岡温泉

 

あづまやさんのプリン

日本一大きな池「湖山池」のほとりにある山に囲まれた温泉地。“ホタルの里” としても知られる。大山の生クリームや地元・吉岡の卵を使ったご当地プリンが有名。

 
【其の二】
鹿野温泉

城下町にある温泉地で、地元の牧場のジェラートが名物。新しいマイクロブルワリーが醸す地元の生姜を使ったご当地ビールが珍しい。

 
【其の三】
皆生温泉

日本海・美保湾に面した白砂青松の海岸線と中国地方最高峰の大山を望む温泉郷。明治から愛されてきた山陰最大の温泉地で、境港で水揚げされる鮮魚を味わって。

\鳥取の魅力をもっと詳しく!/
ウェブサイト【ANA 鳥取多美】へ

\素敵な旅プランをご案内/
ANA 鳥取多美【旅行検索ページ】へ 

 
●情報は、FRaU2018年12月号発売時点のものです。
Illustration:Shinji Abe Text&edit:Ayaha Yaguchi

▼こちらの記事もチェック!