腸内環境の決め手は
「HOPE」

腸内環境は人間の健康に大きな影響を与えています。腸は、身体の成長・維持のための栄養素や水分の消化・吸収を行うとともに、免疫系の働きを担っています。便秘、便秘と軟便を繰り返す、抗生物質を飲んでいる、ファーストフードや甘い食べ物、飲み物が好き、などという方は、腸内環境のバランスが崩れていると考えたほうがいいかもしれません。

健康的なダイエットをするためには、腸内環境を整えることが必要です。私はそのためのポイントを「HOPE」という言葉で説明しています。

H→HIGHFIBER(食物繊維)
O→OIL(良質のオイル)
P→PREBIOTICS(腸内の善玉菌の栄養源となるもの)
E→ENZYMES(酵素)
です。
それぞれに少し説明を加えます。 


食物繊維は、善玉菌のエサになるとともに、腸のぜん動を促進します。

オイルはオメガ3だけにこだわらず、脂肪酸のバランスにこだわってほしい。悪者のように言われがちな飽和脂肪酸も不足すると神経細胞や細胞膜が安定せずに血管が弱くなると言われています。私は毎朝、コーヒーに「GHEE(ギー、インドに古くから伝わる発酵無塩バターから抽出したオイル)」を入れて飲んでいます。

腸内の善玉菌を活性化するには、意識してプレバイオティクスを摂ることが大切です。オリゴ糖や、一部の食物繊維がそれに当たります。

酵素というと、キムチやヨーグルトなどの発酵食品を思い浮かべる方も多いと思いますが、体質に合わない方もいます。また、いい物を食べていると思っても添加物や糖分が多いものもあります。特に、現代的な食生活で酵素の活性能力が落ちている方には、食物から摂るよりサプリメントで摂取するほうが効率のいいことが多いです。

自分の食事と
腸の状態をチェック

先ほど便秘などの症状で、腸内環境のバランスが崩れていることがわかる、と申し上げましたが、腸内環境のバランスは一定ではなく、とても変わりやすいのです。抗生物質を飲むことで、一気に変わってうつ状態になることさえあります。何が自分を不調にしているのか、お腹の声を聞くことが大切なのです。

みなさんにまずお勧めしたいのが、2週間、生活習慣の日記をつけてみること。食事、便の状態、肌、ストレスなどの項目に分け、記録、観察してみましょう。健康的だと思っていても、案外誤解だったり、思い込みだったことがわかることも多いと思います。食事と他の項目の関連性もわかってくるかもしれません。

昨今、美しい筋肉質な身体をめざし筋トレを始める女性も増えています。それ自体はいいことなのですが、筋肉のためにということで肉を積極的に食べるようになって不調を訴えた方がいらっしゃいました。調べてみると、腸壁の粘膜が炎症を起こしていました。急に大量の肉を食べ続けたため、うまく消化できず、腸内で腐敗、発酵し、よかれと思って変えたことでかえって腸内環境を悪化させていたのです。

せっかく美と健康のためにと始めたことが逆に肌荒れや疲労などにつながってしまったのです。