太らない人は「腸」に秘密が! 今すぐ始めたい腸内環境を整える方法

同じものを食べても、太る人と太らない人の違いは一体何……? 「腸内環境が違えば、同じ食習慣でも体重の増減が違う」と話すのは、自身のクリニックでホリスティックな栄養指導を行う、山崎まいこ先生。腸内環境を整えることがダイエットに効果的な理由や、腸内環境改善のために見直すべき習慣などを伺いました。
  

教えてくれたのは……
山崎まいこ先生
滋賀医科大学卒業後、大阪市立総合医療センターで臨床研修を行い、大阪市立大学医学部附属病院形成外科、大阪市内の皮膚科常勤医師、大阪市内美容皮膚科院長を経て、Maiko HolisticSkin Clinicを開院。米国NutritionTherapy Institute日本校卒業

カロリーにこだわるダイエットは危険

「人間は食べたものでできている(You are what you eat.)」という言葉を聞いたことのある方も多いでしょう。私はそれに「消化して吸収したもの(digest and absorb)でできている」を付け加えたい。

私のクリニックに来られる方は健康に関する意識が高い方が多いのですが、それでもカロリー制限や一つの食材に頼ってダイエットしようとする方がいらっしゃいます。もちろん摂取する総エネルギー量が多ければ体重を減らしにくいのは確かですが、腸内環境が違えば、同じ食習慣でも体重の増減が違います。消化と吸収が違う、ということですね。

ただカロリーを減らすことだけに固執すると一時的に体重は減りますが、その際に血管には負荷がかかります。細胞からサイトカインというタンパク質が出て炎症が起き、血管壁がダメージを受けやすくなります。リバウンドを繰り返すうちに血管はますますダメージを受け、将来高血圧や心臓病などの元になる血管障害を起こす可能性が高くなります。遠い将来でなくても、毛細血管もダメージを受けるので、冷えにつながることもあります。

どうしても頭の片隅でカロリーのことを考えてしまうのは、メディアからの情報や食品のカロリー表示などによるミスリードなのかもしれませんね。しかし実際は、カロリーより腸内環境を整えることが健康的なダイエットの前提条件なのです。
 

【ホリスティック栄養学】
消化・吸収のメカニズムと個人的な体質の違い(生物学的個人差)から生じる栄養素獲得の差異に着目した栄養学。栄養素とカロリー計算だけではなく栄養素が身体に入り、どのように機能するのか酵素の働きに注目するとともに、ストレスなどの精神的個人差なども含め、「総合的」に一人の人間をみていく。山崎先生のクリニックでは酵素をベースとしたアメリカのホリスティック栄養学を用いた栄養指導を行う。丁寧なカウンセリングと検査を用いて、体内環境とお肌の状態を調べ、症状に合わせてアドバイスする。

腸内環境の決め手は「HOPE」

腸内環境は人間の健康に大きな影響を与えています。腸は、身体の成長・維持のための栄養素や水分の消化・吸収を行うとともに、免疫系の働きを担っています。便秘、便秘と軟便を繰り返す、抗生物質を飲んでいる、ファーストフードや甘い食べ物、飲み物が好き、などという方は、腸内環境のバランスが崩れていると考えたほうがいいかもしれません。

健康的なダイエットをするためには、腸内環境を整えることが必要です。私はそのためのポイントを「HOPE」という言葉で説明しています。

H→HIGHFIBER(食物繊維)/O→OIL(良質のオイル)/P→PREBIOTICS(腸内の善玉菌の栄養源となるもの)/E→ENZYMES(酵素)です。それぞれに少し説明を加えます。 

食物繊維は、善玉菌のエサになるとともに、腸のぜん動を促進します。

オイルはオメガ3だけにこだわらず、脂肪酸のバランスにこだわってほしい。悪者のように言われがちな飽和脂肪酸も不足すると神経細胞や細胞膜が安定せずに血管が弱くなると言われています。私は毎朝、コーヒーに「GHEE(ギー、インドに古くから伝わる発酵無塩バターから抽出したオイル)」を入れて飲んでいます。

腸内の善玉菌を活性化するには、意識してプレバイオティクスを摂ることが大切です。オリゴ糖や、一部の食物繊維がそれに当たります。

酵素というと、キムチやヨーグルトなどの発酵食品を思い浮かべる方も多いと思いますが、体質に合わない方もいます。また、いい物を食べていると思っても添加物や糖分が多いものもあります。特に、現代的な食生活で酵素の活性能力が落ちている方には、食物から摂るよりサプリメントで摂取するほうが効率のいいことが多いです。

自分の食事と腸の状態をチェック

先ほど便秘などの症状で、腸内環境のバランスが崩れていることがわかる、と申し上げましたが、腸内環境のバランスは一定ではなく、とても変わりやすいのです。抗生物質を飲むことで、一気に変わってうつ状態になることさえあります。何が自分を不調にしているのか、お腹の声を聞くことが大切なのです。

みなさんにまずお勧めしたいのが、2週間、生活習慣の日記をつけてみること。食事、便の状態、肌、ストレスなどの項目に分け、記録、観察してみましょう。健康的だと思っていても、案外誤解だったり、思い込みだったことがわかることも多いと思います。食事と他の項目の関連性もわかってくるかもしれません。

昨今、美しい筋肉質な身体をめざし筋トレを始める女性も増えています。それ自体はいいことなのですが、筋肉のためにということで肉を積極的に食べるようになって不調を訴えた方がいらっしゃいました。調べてみると、腸壁の粘膜が炎症を起こしていました。急に大量の肉を食べ続けたため、うまく消化できず、腸内で腐敗、発酵し、よかれと思って変えたことでかえって腸内環境を悪化させていたのです。

せっかく美と健康のためにと始めたことが逆に肌荒れや疲労などにつながってしまったのです。

ミネラル不足も過剰も不調の原因に

ミネラルは、人間の身体を構成する物質のうち、わずか4%を占めるだけですが、身体機能維持・生命活動の維持に欠かせない重要な役割を持っています。

他の栄養素を十分に摂取していてもミネラルのわずかなバランスの崩れでさまざまな障害が起こることがあります。ミネラルはそれぞれのバランスがとても大事なのです。

もちろん個人差が大きいのですが、多くの方に不足気味なのが、キングオブミネラルと言われる亜鉛。動物性食品質や海藻などに多く含まれていますが、身体の組織の修復やタンパク質の生成など、300種ほどの代謝に関わっている大事なミネラルです。飲酒やストレスなどで消耗しやすく、貧血の原因となる鉄分とともに意識して補充したいミネラルです。

日本では案外関心が低いのですが、ヨーロッパでいちばん売れているサプリメントがケイ素です。穀類や根菜類に含まれていて、骨、血管、爪、髪の毛の生成に影響を与えているミネラルです。亜鉛の次に不足気味と言われています。農薬などの影響で含有率が下がっているのに加え、体内にアルミニウムが蓄積すると拮抗して吸収が悪くなります。

案外見逃しがちなのが、塩の中に含まれるミネラル。精製されたほぼ塩化ナトリウム(これもミネラルですが)の塩ではなく、にがり成分といわれるマグネシウムやカリウム、カルシウムなどをバランスよく含んだ塩を使いたいものです。
 

【ミネラル検査】
ミネラル全てが身体に有用という訳ではなく、水銀や鉛、カドミウムやヒ素などのミネラルは「有害金属」と言われる。これらは土壌や海水をはじめ、大型魚や化粧品、医薬品、穀物、排気ガスや農薬などに含まれ、日常の色々な場面で体内に取り込まれる。このため、必要なミネラルが足りているか、有害なミネラルが蓄積されていないかを調べる検査が重要となる。それが簡単にできるのが、手のひらに光を当てて、各ミネラルの波長を特定し、定量測定するオリゴスキャンという機械で行う検査。針を刺すこともなく当日に検査結果が出る。

アレルギーにも効果のあるファスティング

まだ解明されていないことも多いアレルギーですが、腸内環境と密接に関係していることはわかっています。腸内環境は個人ごとに全く違うので、一般化はできませんが、アトピー、花粉症などのアレルギー症状の軽減のために、私はファスティング(断食)をおすすめすることがあります。

妊婦、授乳時、栄養欠乏、成長期、糖尿病などの疾病のある方にはおすすめできませんが、上記の症状に加えて、肥満にも効果的ですし、血圧が正常化する効果もあります。

ネガティブな禁止だけでは逆効果

現代の食生活では、エンプティーフードと言ってエネルギー量は足りていても栄養価の低い食物を多く食べている方も多いのですが、ネガティブにみているだけではいけないと思っています。

自分の嗜好はとても大切です。この社会でスムーズに生活しようとすると、世の中はこれまでお話ししたようなものとは逆に体に悪いことだらけです。でもそれを全否定したり、後ろめたく思うことはないと思います。100歳の長寿の方の好物がから揚げだったりすることもあります。

先ほど申し上げたように、生活習慣を日記につけることで見直し、できることから始めてください。大切なのはバランスです。ひとつの食材やサプリやダイエット法に偏らず、自分に合った持続的な生活習慣をみつけてください。

NEXT≫「山崎先生おすすめの腸に効くサプリ、入浴剤etc.」

山崎先生おすすめの
腸に効くサプリ、入浴剤etc.

 

アルベックス 10㎖×30本¥8000/まいこ ホリスティック スキン クリニック

直接体に働きかけ、免疫などの生体機能を調整するバイオジェニックスという注目の分野の新素材。国産大豆を100%使用し、16種類の乳酸菌から生成されている健康食品。市販ではなく、医療機関を通じて販売されている乳酸菌生成エキス。
 

 

ルナバスソルト 150g×3種¥3500/SHIGETA Japan ☎0120-945995

上弦の月、満月、新月の3種。死海の塩に、古来より女性の心に働き、月の相と同じ作用があるとされるエッセンシャルオイルをブレンド配合したバスソルト。山崎先生は半身浴で使用するとのこと。
 

 

サンフード スーパーフーズ オーガニック ターメリック&スーパーハーブ カプセル(54g 90粒)¥5400/アリエルトレーディング ☎0120-201790 http://sunfoodsuperfoods.jp/

黄金色のポリフェノール「クルクミン」が、老化の原因と言われる「炎症」を抑えるアンチエイジング効果を発揮。カプセルも植物性。
 

 

150粒¥8000/まいこ ホリスティック スキン クリニック

日本人に不足しがちな必須ミネラル「亜鉛」を、手軽に補給できるサプリメント。特許技術の「圧力酵素分解技術」で広島産のカキを丸ごと分解、吸収しやすいペプチドやアミノ酸にしている。亜鉛だけでなく他のミネラルも多種含むオイスターキュア。
 

 

リポカプセルビタミンC リポソーム ビタミンC 1000㎎・30包入り(液状タイプ)¥7200/まいこ ホリスティック スキン クリニック

ストレスや日焼けなどでどんどん失われていくビタミンC。通常の食物で摂取しても吸収されにくいビタミンCを効率よく体内に取りこめるようにリポソーム化したサプリメント。
 

ハーモニー クリスタル入り BRAINREST / FACEPILLOWセット¥18800円/HARMONITY https://www.harmonity.biz/shop/

ヒマラヤのピンク岩塩とクリスタル(水晶)を贅沢に使用することで、上質の眠りを実現し、緊張した表情を和らげて本来の輝く笑顔へ導くフェイスピロウ(顔のまくら)とブレインレスト(枕)。

 

 

まいこ ホリスティック スキン クリニック
東京都渋谷区代官山町8-6 アイディ代官山2F
☎03-6712-7015
受付時間:火~金10:00~19:00、土~15:00

 
●情報は、FRaU2018年10月号発売時点のものです。
Photo:Tomoko Meguro

▼こちらの記事もチェック!