「なんにもないんですよ」と地元の人は言うけれど、実は知る人ぞ知る良品がいっぱいあるんです。宝探しの気分で、鳥取のいいもの、素敵なものをトレジャーハンティング!

山陰発、本と暮らしを楽しむ店

SHIMATORI 米子店

山陰で創業150年の老舗本屋さんがはじめた新しい店は「本との暮らしは、ほんとの暮らし」がテーマ。本にまつわる日用品や食材を幅広く扱っています。鳥取の手仕事の道具や地元の特産品、地酒など、お土産に嬉しいものが豊富。疲れたらカフェでひと休みを。

 
これ欲しい!

鳥取はカレールゥ消費量日本一。とっとり牛カレー¥800、酢漬け 砂丘のらっきょう¥550

MOCKATSの智頭杉の曲げわっぱ¥5000、おぐら屋の木彫り。十二支 亥¥1058

SHIMATORI オリジナルのコーヒー¥150、手ぬぐい¥1200

SmiLeのアンティークビーズのブローチ¥5000、ピアス赤¥9500、ピアス白¥7500

山根窯のシュガーポット¥6000、カップ&ソーサー¥4500

昔の薬瓶のような、レトロなパッケージ。関金のわさびオイル¥1112

SHIMATORI 米子店
鳥取県米子市新開2-3-10 本の学校内
☎0859-21-4050
営業時間:ショップ9:00~22:00、カフェ~21:00(LO20:30)
定休日:なし

古民家で古道具のお宝探し

山陰民具

まず圧倒されるのは、国の登録有形文化財指定の江戸時代の建物。そして店内は、ところ狭しと古道具がぎっしり! 室町~江戸時代の器を中心に、古いものは2000年以上前の発掘ものまであるとか。タイムスリップしたような空間で、4代目ご主人との古道具談義も楽しいです。

 
これ欲しい!

上・倉吉では菓子椀と呼ばれる、梅の模様がかわいい輪島塗の漆器 5個で¥3300、下左・蕎麦猪口は種類豊富に揃う。こちらは古伊万里¥3300、下右・かき氷屋で使われていたという、明治時代の吹きガラス器¥16000(すべて税込み)

山陰民具
鳥取県倉吉市西岩倉町2196
☎0858-22-2317
営業時間:9:00~19:00
定休日:なし

長く愛用したい、木の家具と雑貨

良い椅子と日用品と ハッチ家具店

家具職人の岡村聖史さんが作る木の家具や小物、奥様の昌子さんがセレクトした体に気持ち良い雑貨や食品などが集まっています。家具はプロ目線で良いと思った他社製品も取り揃えて、使い心地を試せます。昌子さんの説明が丁寧で明快、家具への愛情が感じられます。

 
これ欲しい!

左・しゃもじのように大きめなスプーン・ブラックウォールナット¥2300、右上・丸皿・ブラックウォールナット¥2800、小スプーン・ナラ¥1800、右下・コロンとした栗のような形がかわいい小皿・チェリー¥1600(すべて岡村さん作)

良い椅子と日用品と ハッチ家具店
鳥取県倉吉市伊木213-11
☎0858-24-5523
営業時間:10:00~18:00
定休日:月

NEXT≫「完全予約制の洋菓子店や不思議な店名のコーヒー屋が登場!」

素敵なものがぎゅっと詰まっている!

一月と六月

境港の賑やかなメイン通り、水木しげるロードから少し外れた脇道にポツリと静かに佇む店。食や暮らしにまつわる本、個人作家の手作りする雑貨やアクセサリーなどを販売する他、様々なアーティストが展示を行うギャラリー、カフェもあり、お楽しみが盛りだくさん!

 
これ欲しい!

左・松江市内にて木桶の天然醸造で造る、カネモリ醤油の手造りかきもち¥398、右上・松江のジュエリーデザイナー・accoのビーズブローチ¥2400、右下・出雲のフローリスト・Buisのリース ¥12000~(一点もののためデザインは毎回変わります)

一月と六月
鳥取県境港市日ノ出町48
☎0859-44-1630
営業時間:11:00~18:00
定休日:月・火

お菓子をきっかけに旅がはじまる

ひつじ製菓

サントノーレ キャラメルサレ¥4167(お菓子は季節によって変わります)

完全予約制の洋菓子店。フランス菓子をベースに、罪悪感のない上質な材料やオーガニック素材を使った、オリジナルケーキや焼菓子を丁寧に手作りしています。パティシエの西山由美子さんは歴史好きで、今後は古典菓子なども手がけていきたいそう。お菓子目当てに旅する価値あり!
 

ひつじ製菓
鳥取県境港市中野町5535
yumiko2004@outlook.jp
※店舗HPで事前注文。店舗で受け取りの完全予約制
https://www.hitsujiseika.com/

自然に囲まれた小さなコーヒー店

miepump coffee shop

京都のかわきた屋のソーセージと島根の木次乳業のチーズを使った自家製ホットドッグ¥580、コーヒー¥480(すべて税込み)

ぐるりと見渡す限り、田んぼと畑に囲まれ、窓からの眺めが気持ち良い場所。保育園だったという古い木造建築を2年かけて改修し、コーヒーの店とギャラリーに。不思議な店名は、店主の実家で拾った古いガラクタから取ったそう。滋味深い味わいの自家焙煎コーヒーです。

 
これ欲しい!

コーヒー豆 量り売り100g¥550~、コーヒー缶¥1080

miepump coffee shop
鳥取県東伯郡北栄町江北913-11
☎0858-36-3860
営業時間:11:00~18:00
定休日:火・水

\鳥取の魅力をもっと詳しく!/
ウェブサイト【ANA 鳥取多美】へ

\素敵な旅プランをご案内/
ANA 鳥取多美【旅行検索ページ】へ

 
●情報は、FRaU2018年12月号発売時点のものです。
Photo:Kazue Kawase Text&edit:Kaori Ezawa

▼こちらの記事もチェック!