2030 年には、平和や差別、エネルギーなど、さまざまな問題の何がどんなふうに叶えられているだろうか。“こうなって欲しい未来” をモデルの森星さんに話してもらいました。

“LOVE” を前提にした
制度がたくさん作られる。

私がやっているモデルという職業柄、SDGsでいうと12番の目標「つくる責任 つかう責任」には、自覚的にならざるを得ないですね。以前は安易に流行り廃りに自分を合わせたり、生活に使うものも誰かから、これがいいよって評判を聞くと無条件に受け入れたり、ただ消費するだけになってしまいがちだったんですけど、それがどこから来たものなのか、どうやって作られたものなのか知るという楽しみが今ではあります。

学校の授業はちょっと苦手だったけど、自分で情報を収集するとシンプルに気持ちがいい。ブランドとコラボレートして作る側に回る時だってそう。なるべくムダを少なくしようとか、リサイクルに活用できる方法を考えたりだとか、ひとつ視点を加えることで、ただトレンドに流されるだけじゃない気持ちのいいものづくりができるんです。

こういった考えを持つきっかけになったのは、国際NGOのプラン・インターナショナルとの出会いが大きいですね。貧困や差別から子供たちを守ろうと活動している団体で、2014年からこれまで一緒にベトナムやカンボジア、ネパール、フィリピンなど各国の村落を訪れました。当然、そこには過酷な生活環境や満足に行き届かない教育事情といった避けられない問題が山積みで、都会に比べるとないもののほうが圧倒的に多いけど、洋服に関しても食材に関しても、いま持っているものだけでやりくりするアイデアに満ちていました。

余計なものがないシンプルな生活がスマートに感じられ学ぶことは多かったですね。それまでは有名になりたい、あの番組に出たい、あのCMに出たい、と欲望を動力にして自分の仕事に向かい合っていた部分があったけど、衣食住のライフスタイル全般に寄り添ったモデルでいたいとマインドチェンジさせてもらいました。

現地の子供たちには、笑顔やポジティブなエネルギーがあれば言葉の壁を乗り越えてコミュニケーションが可能なことにも気づかされました。初めて会う日本人が私ということで責任重大だけど、結局行き着くのは人対人のイーブンなやりとり。

ひとりひとりができることは小さい。でも、そうやってみんながLOVEを持ち寄れば未来は明るいんじゃないかな。政治的な問題など簡単に解決できることではないけれど、子供たちの食の安全を考えることやそれぞれの国が武器を持たない選択をすることに、LOVEは不可欠。ほかにも、いろんなカテゴリでLOVEを前提にした制度づくりが行われる2030年になったら素敵なのに。

PROFILE

森星 Hikari Mori
モデル。1992年生まれ。東京都出身。資生堂「ANESSA」や日本コカ・コーラ「AQUARIUS」のMUSEに就任するなど、モデルとして数々のファッション誌や広告で活躍。自身初の写真集となる『HIKARI MORI』(トランスワールド)が発売中。

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、12月20日に発足した「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。

 
●情報は、FRaU2019年1月号発売時点のものです。
Illustration:Katsuki Tanaka Text:Toyofumi Makino Text&edit:Asuka Ochi

▼こちらの記事もチェック!