初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、兵庫県を案内していただいたのは、灘区を愛する “ナディスト” の慈憲一さん。

“ハイカラ” なイメージの神戸で見つけた “すっぴん” な神戸。地元民が機嫌よく暮らしている街では、独自の魅力が爆発していました。最高に居心地の良い街「灘区」の歩き方を慈さんに紹介していただきました。

喫茶発祥の地・神戸で誕生した
1928年創業の炭火焙煎珈琲会社

萩原珈琲 コーヒースタジオ

初代の萩原三代治さんは、「炭火焙煎」を考案した先駆者。この技術を長年にわたって継承する萩原珈琲では、社内から抜擢された3人の焙煎師が日々、焙煎を行なっている。
 

コーヒー豆は生もの。焙煎してから3営業日を過ぎたものは流通させない。

この人数で焙煎できる量しか出荷しないのが、萩原珈琲のこだわり。
 

本社横にあるコーヒースタジオでは、時を経て、ますます美味しさの深まる良質の珈琲豆を提供している。
 

摩耶山の麓で育ったコーヒー鑑定士が創った「摩耶ブレンド(ドリップバッグ)」¥108。

萩原珈琲 コーヒースタジオ
兵庫県神戸市灘区城内通1-6-18
☎078-861-4960
営業時間:9:00~17:30
定休日:土・日・祝
https://shop.hagihara-coffee.com

知っておきたい兵庫のいろは
気候&日本一

気候

北は日本海に面し、南は瀬戸内海から淡路島を介して太平洋へと続いている。県域が広範囲に及ぶため、気候は変化に富む。瀬戸内海側は、降水量が少なく温暖で過ごしやすいが、日本海側は曇雨が多く、冬季はシベリアからの季節風を受けて降雪量が多い。(兵庫県ホームページより)

 
兵庫の日本一

【清酒の出荷数量】生産量日本一。小野市で全国シェアの70%を占める。

【そろばん】加西市の丸山総合公園にある地球儀は世界一大きい。ギネスブック認定。(1999年時点)

【地球儀時計】神戸市と淡路島を結ぶ吊り橋。吊り橋のなかでは世界一の長さを誇る。

PROFILE

慈 憲一 Kenichi Utsumi
灘区生まれ。大学時代に灘を離れ、就職するも震災を機に帰灘。灘愛たっぷりの「ナディスト」として活動。

 
※本記事内の価格は、すべて税込み価格です。
●情報は、2018年12月現在のものです。
Photo:Aiko Shibata Text:Lisa Nagamine Illustration:STOMACHACHE.

▼こちらの記事もチェック!