ポートランドで支持される “使い回せる容器” が環境&雇用問題を解決

SDGsという目標が掲げられたことで、問題意識は世界中へ拡散! 各国でさまざまなプロジェクトが立ち上がり、賛同した市民が動き出しています。社会を変えるのは身の回りから。小さくも偉大な、その一歩を紹介します。

フードカートでもゴミを出さない!
使い回せるプラスチック容器

ポートランドの豊かな食文化を象徴するひとつが日本の屋台のようなフードカート。昼時にはビジネスマンや観光客が列をなすほどの人気だが、その後に残るのは使い捨て容器のゴミの山。
 

野菜と豆の丼の店〈The Whole Bowl〉では取っ手付き容器に入れて。最近ではスーパーのデリにも利用範囲が広がり、80店舗以上が採用。

そこで登場したのが環境に優しいプラスチック容器のゴー・ボックスだ。エココンシャスなポートランド市民には、フードカートは好きだが、ゴミになるだけの容器には抵抗がある、という人も少なくない。
 

コード入力後に届く「注文完了」サイン。月3.95$、または年21.95$で期限内なら何度でも使える。

そんな彼らは使用料を払ってでも、使い回せる容器を率先して選択するのだ。使い方はアプリから登録し、利用店舗を選別するコードを入れて注文確定。すると商品は専用容器に入れて手渡される。
 

返却ボックスの蓋の裏面にあるバーコードを読み取って返却完了。

使用済み容器は街中にあるボックスに返却するだけなので自分で洗う必要はない。
 

容器の回収、配布は全て自転車で行われ、徹底的にエコ。洗浄はホームレスの人々の雇用トレーニングにもなっている。
 

近隣の返却ボックスの場所を示してくれる店舗も。

環境問題と社会活動を相関させたこの成功例は、いまや世界中から問い合わせがあるほど注目されている。

GO Boxhttps://www.goboxpdx.com/

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、12月20日に発足した「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。

 
●情報は、FRaU2019年1月号発売時点のものです。
Photo:DYSK Text:Sakiko Sedaka Edit:Yuka Uchida

▼こちらの記事もチェック!