「すべての人が住みやすい、多様性のある社会に」SDGs未来“希望”図 #4

2030 年には、平和や差別、エネルギーなど、さまざまな問題の何がどんなふうに叶えられているだろうか。“こうなって欲しい未来” を作家の鴻上尚史さんに話してもらいました。

画一的なことを良しとする
社会がひっくり返る。

かれこれもう25年前になるのかな。1993年上演の3人芝居『トランス』では、松重豊さんが演じたゲイの登場人物が道化的な茶化す役割ではなく物語に入っていたことが当時話題になったし、男女4人の恋愛劇『ベター・ハーフ』では、時代の空気に即した恋愛模様を描くために、シンガーとしてすでにキャリアがあったにもかかわらず僕が開催したワークショップへの応募が縁で知り合った中村中さんにトランスジェンダーの役を演じてもらった。LGBTQを題材に選んだというより、描きたい人物がLGBTQだったという思いが強い。作家としては、やっぱり傷つけられていたり、弱い立場に置かれていたり、声を上げられなかったりする人に目がいってしまうから。

日本に大挙してきた宇宙人の難民と住人との軋轢を描いた『イントレランスの祭』は、ベースに近年問題になっているヘイトスピーチがあり、『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』を読んで、どうしてここまで人に対して憎悪に満ちた言葉を投げられるのかという衝撃と向きあうために筆を執った。

20代で劇作家を始めたときから、涙を拭くハンカチのような芝居を作りたいと思っていて、それはつまり涙が出る根本の理由に対しては無力かもしれないけど、せめて隣でそっと寄り添ってあげることはできるんじゃないかなと考え続けている。

人間は社会の中に生きているので、社会性がすっぽり抜け落ちたままの夢物語的な恋愛であったり、根性物語というのは僕には面白いとは思えない。おかげさまで評判の『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』の佐々木友次さんは、軍隊という厳しい社会の中では、居場所が片隅にしかなかったのかもしれない。でも、そんな片隅にも社会のあり方は色濃く落ちていて、影響を受けずにはいられない。そこで必死にあがいたからこそ、友次さんは9回特攻を命じられながら、9回生きて帰ってきた。在日朝鮮人の方々やLGBTQの人たちも社会の片隅に追いやられながらも真剣に生きているところが共通している。

この国の強すぎる同調圧力と低すぎる人々の自尊意識が2030年までにひっくり返るといいね。わかりやすいのは小学校の子供たちがランドセルだけじゃなくて、それぞれサイズも色も形も違う自分の好きなバッグを持って通学する風景が見たい。それから新卒一括採用という悪しき慣例がなくなり、画一的なリクルートスーツを脱いで就職活動ができるようになった時には、日本という国は随分住みやすくなっているんじゃないかな。

PROFILE

鴻上尚史 Shoji Kogami
作家・演出家 学生時代に『第三舞台』を立ち上げる。現在は〈KOKAMI@network〉と〈虚構の劇団〉を中心に活動。著作の『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』 (講談社現代新書)が大ヒット。ほかに『幸福のヒント』(だいわ文庫)などがある。

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、2018年 12月20日に発足した「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。

 
●情報は、FRaU2019年1月号発売時点のものです。
Illustration:Katsuki Tanaka Text:Toyofumi Makino Text&edit:Asuka Ochi

▼こちらの記事もチェック!