温泉協会が認めた美肌の湯・薬師湯で至福のひとときに浸かる

山陰地方は県内のあちこちに名湯が湧く温泉天国。しかもその多くが美肌の湯というから最高です。身体も心も美しく磨ける、とっておきの湯宿をめぐる旅へ!

温泉津温泉は古くから石見銀山の玄関口として賑わった温泉地。歴史は1300年前に遡り、万病に効く湯として湯治客が訪れた。その面影を伝えるのが大正8年築の木造洋館を残す「薬師湯」。

世界遺産に湧く、
日本屈指の美肌湯。

薬師湯(島根県・温泉津温泉)

 

現在の浴場は隣接する建物にあるが、もとは洋館の地下に浴場があり、地元民のサロン的存在だったという。現在も浴場の裏に源泉が湧き、湯船は常に掛け流しの新鮮な湯で満たされている。驚くべきはその泉質で、日本温泉協会の認定で最高評価を取得したほど。これは山陰地方では「薬師湯」だけで、全国でもわずかしか認定されていない。
 

 

旧館の木造洋館は温泉津温泉に現存する最古の温泉施設。

浴室に入って驚くのは湯船から床にかけての一面が溶岩のような質感になっていること。これは温泉の成分が固まったものだそうで、そのパワフルな泉質の証。大学院で温泉の研究をする女将さん曰く、薬師湯の温泉には肌をピーリングする成分と肌を保護する成分の両方が含まれているということで、まさに「ダブル美肌の湯」。実際、湯に浸かった瞬間から肌がもちもちしてくる実感がある。
 

元浴場の洋館(旧館)は現在カフェとして営業中。温泉水を使った蒸し野菜などもあり、体の外と内、両方から綺麗になりたい人にはうってつけだ。
 

薬師湯
島根県大田市温泉津町温泉津7
☎0855-65-4894
営業時間:8:00~21:00、土・日・祝6:00~
定休日:なし
料金:大人¥450、小学生以下¥200、貸し切り湯は大人¥800、小学生以下¥300(税込み)
https://www.yunotsu.com/
 
JR温泉津駅からタクシーで約5分

 
※宿泊料金はとくに表記がない場合には、1泊2食付き、1室2名利用時の1名分の料金です。原則として消費税、サービス税抜きの価格ですが、詳細は各宿泊施設に直接お問い合わせください。
※宿泊料金や料理などは、季節や曜日により変更になる場合があります。
※データは2018年11月時点のものです。

Photo:Kasane Nogawa Text&edit:Yuriko Kobayashi

▼こちらの記事もチェック!