ONE BY KOSEから「皮脂悩みスッキリ解決ローション」【俺たちのコスメ vol.24】

美容業界でも数少ない男性編集・美容家の3人が集まって最新コスメをあれこれ語るシリーズ。トップはエスティ ローダーとONE BY KOSEから進化した化粧水の発表会を。さらに、食品メーカーからは初の美容ドリンク、銀座の一等地に構えるラグジュアリーなメンテナンスサロンなど、てんこ盛りの発表会をレポートします。

俺たちのコスメとは……
化粧品を科学で斬るビューティサイエンティスト・岡部美代治さん、男性美容研究家の藤村岳さんと、美容業界ン十年のFRaUプロデューサーの関龍彦がスキンケアからボディ、フレグランス、メイクアイテムまで、経験と知識をもとに、これからの美容業界までを占う発表会レポートです。

エスティ ローダー新化粧水は
日本人女性カスタマイズ

岡部:ようやくまたいつものペースで新製品発表会がはじまりましたね。私は結構回れましたが、関さん、岳君、いかがでしたか?

藤村:年末年始の休みが長かったので、集中しましたよね。3人ともお付き合いがあるところが微妙に違っていて、なかなか全員が集う場面はまだありませんね。

:確かに。でも、時間こそずれたけど3人とも出席した発表会はあったね。

岡部:私が出席した発表会の中では、「ESTĒE LAUDER(エスティ ローダー)」の戦略が興味深かったです。2014年に発売して以来、大ヒットし続けている化粧水「マイクロ エッセンス ローション」のリニューアルではなく、日本女性志向バージョンの開発でしたね。

藤村:そうそう、この「マイクロ エッセンス ローション」は本当にいい。アジアのニーズに対応して保湿がきちんとできる化粧水です。欧米でローションは基本、拭き取りですからね。

:この製品がデビューした時、驚いたなぁ〜。アメリカのブランドであるエスティ ローダーが「発酵技術」を前面に押し出したのはおもしろかったもん。印象に残っているよ。
 

マイクロ エッセンス ローション フレッシュ 200mL ¥12500( 2019年 3月1日発売)/エスティ ローダー

藤村:新作の「マイクロ エッセンス ローション フレッシュ」は今までのものよりもテクスチャーが軽くて、シャバシャバっとした使い心地が気持ちいい。春夏にぴったりのライトな仕上がりです。でも、“マイクロ ニュートリエント バイオ ファーメント” は変わらず採用されていて、肌の防御力や修復力を高めてくれます。

岡部:日本女性の化粧水の好みと日本素材「桜」に着目し、フレッシュ感をアップさせたのはいいね。サトザクラ花エキスと酒粕エキスとの複合成分で肌を透明感のある明るい肌に整え、更に気になる毛穴も目立たなくする効果を訴求していました。

藤村:たしかTHREEやオルビスで八重桜の花由来の酵母やサトザクラ花エキスを使ったスキンケアアイテムが出ていたはず……。日本人の郷愁を誘う「サクラ」は今や注目の成分ですよね。

:カラーアイテムでも「サクラもの」は増えている気が。百貨店バイヤーさんに聞いたことがあるんだけど、サクラアイテムはとにかく売れるんだって(笑)。

藤村:香水にもサクラの香りがありますよね。

岡部:ディスプレイもきれいで印象に強く残りました。スライドのプレゼンが終わると、スクリーンがいきなり透明になり、後方に生けてある桜が咲いた木が照明で浮き上がって見えるんですから。

藤村:そうそう! あれはなかなか感動しました。表参道の「SIDE」という会場は狭いけど、アクセスも導線もよくて、ボクは好きです。

ONE BY KOSEの新製品は
ライスパワーNo.6
皮脂腺にダイレクトに働きかける

岡部:コーセーの「ONE BY KOSE」の新製品は、何と皮脂分泌対策でしたね。日本で唯一、テカリをもとから防ぐ化粧水ということで、「ライスパワーNo.6」配合の皮脂分泌をコントロールする美容理論が説得力ありました。

:これまでの皮脂ケアといえば、皮脂を取り去ったり、吸着させるだけの、いわば “その場しのぎ” のモノしかなかった。でも、この成分によって、脂腺細胞内での脂質合成を抑制するという根本ケアが可能になったわけですね! “皮脂テカさん” には朗報だ!

岡部:昨年からライスパワーNo.6は採用が増えつつあるので、コーセーはどのように持ってくるか気になっていましたが、さっぱりタイプの化粧水でテカリ防止だったので「さすが!」だと思いました。

:セラムやクリームでなく、即時効果実感のいちばん高い化粧水にしたというのがポイントなんだよね。化粧水でテカリを何とかしちゃうって、改めて考えてみてもすごいですよねー。
 

ONE BY KOSE バランシング チューナー(医薬部外品) 120mL ¥4500(編集部調べ/2019年 4月16日発売)/コーセー

岡部:発表スタイルも良かったですね。全部女性で商品企画担当、研究の薬剤開発担当、最後の締めを製品開発担当が感情を込めて話していたのが良かったです。やはり開発者の思いが伝わるのは大事だと思いました。

:確かに、プレゼンターは全員女性だった(笑)。

藤村:この発表会には行っていませんが、ライスパワーNo.6もまた注目の成分ですよね。昨年、ほかのメーカーでも出していましたっけ。

:うん、いくつかあるね。今年は毛穴対策のアイテムがヒットしそう。発表会終了後には、「肌みくじ」が用意されていて、同ブランドのアイテムなど、参加者は皆、ハズレなしの「お年玉」をもらって帰ったんだよ。

経営者や著名人もお忍びで通う
銀座のど真ん中で至福のひととき

岡部:超豪華な全身メンテナンスサロン「BLOOM AURA the Journey(ブルームオーラ・ザ ジャーニー)」の内覧会は迫力ありましたね。しかも銀座のど真ん中で、既に昨年から非公開で営業していたというのも驚きでした。落ち着いた和の空間の着替え室、瞑想ルーム、施術ルームなどが揃っていました。

藤村:富士山の裾野から頂までの稜線を描いたという和室の障子の作り込みの素晴らしさときたら!世界でただひとつとのこと。これを観るだけでも価値がありますよ。

:箱根の高級温泉旅館にも劣らない、木の香りにも惚れ惚れ……。

岡部:このサロンをつくったEBM(イービーエム)という会社は初めて知りましたが、30年前からサロンを展開している基礎化粧品会社で、全国では44店舗で施術を行っているという。その頂点となるサロンと製品をつくるという発想が、夢がありますね……というか夢の実現でしたね。

藤村:同じく初めて知りました。福岡発祥の会社って、元気なところが多いから、こういう勢いのあるところがどんどん出てきて欲しいです。
 

:別室では、同社のコスメラインのプレゼンもあったね。試した感じではテクスチャーも気持ちよく、使ってみるのが楽しみです。

岡部:カウンセリングは指の血流からストレス度合いをチェックしたり、自分に合ったオイルの診断もおもしろかったです。ちょうど岳君と一緒だったので岳君が代表で受けましたね。活力がある診断結果に納得でした。

藤村:確かに活力はありました。でも、ストレスフルで交感神経が強すぎて、リラックスできていないという結果に……。最近は夢の中でも原稿書いています(汗)。

:僕はパーフェクトなバランスとの診断でした。日常生活で何も考えてないからなのかなー(笑)。

岡部:コンセプトが「七感、輝く旅」で施術師を「COUKISHI(こうきし)」と呼び、たぶん高気師と漢字を当てるのでしょうが、新しい発想でしたね。

:COUKIは、「光肌」「高気」「煌生」の3つの意味を持つとのことでしたよ。

岡部:そうでしたか! こちらヘはサロン体験に行くつもりです。

藤村:ボクは別件ですが、取材のためにもう予約入れました!

:わ、僕も予約、急がねば!!

美容ドリンクがまたまた進化
肌内部にヒアルロン酸を作らせる!?

岡部:あと気になったのは、日清食品グループの美容ドリンク。所属している大坂なおみ選手の全豪オープン優勝で活気が感じられますよね。今回、グループ初の美容ドリンク「HYAL moist(ヒアルモイスト発酵液)」の発表会へ行きました。

:乳酸菌研究を50年もしている会社だって知ってた? 驚きだよね。

岡部:発酵技術を応用したサプリは多いのですが、同じ乳酸菌でも作用が違うのが発酵技術の奥深さを感じます。今回は「飲んで肌内部からヒアルロン酸を作らせる」ことに着目したのが日清食品らしいですね。

:ヒアルロン酸は分子が大きいので、塗っただけでは肌内部に届かない。ドリンク剤なら注射などよりも手軽に摂取できるということですね。そこで着目したのが乳酸菌。日清食品グループ独自の「ヒアルモイスト乳酸菌」が肌内部にヒアルロン酸を作る働きを高める効果があることを発見したんだよね。

藤村:乳酸菌はたくさんの種類があって、その株ごとに身体への作用が異なります。免疫力をアップさせたり、プリン体に作用したりと最近の乳酸菌を配合した機能性食品やドリンクはますます盛んになりますね。

岡部:効果メカニズムの概略を聴いたのですが、研究者により詳しいメカニズムを質問したところ、そこは研究中だと言われました。確かにもっとこれからも研究が進むと新しい商品が生まれそうだと期待できますね。
 

ヒアルモイスト発酵液 50mL 10本セット ¥4000/日清食品グループ

:気になるお味ですが、化粧品会社の作ったものには「ビミョー」なものもありますが、さすがは食品会社。ちゃんと美味しかったです! それに、モニターテストの結果では100人中96人が10日間で肌の変化を感じたそう。

藤村:ただ個人的にはドリンクより錠剤やカプセルの方がありがたいんですよねぇ〜。おいしく、飲みやすくするために砂糖が入ってしまうのが苦手で。

:この製品は人工甘味料は一切使用していないんだよね。その人のライフスタイルに合わせて、ドリンクと錠剤やカプセルも今後出てきたら、シーンを選ばずに取り入れられて嬉しいかもね。

エスティ ローダー
https://www.esteelauder.jp/
 
コーセー
https://www.kose.co.jp/onebykose/
 
ブルームオーラ・ザ ジャーニー
https://www.journey-ginza.jp/
 
日清食品グループ
https://www.hyalmoist.jp/

PROFILE

岡部美代治 Miyoji Okabe
ビューティサイエンティスト。(株)コーセーの研究所を経て(株)アルビオンにて商品開発、マーケティングなどを担当。2008年独立し、現在は美容コンサルタントとして活動。商品開発、美容教育アドバイスなどを行うほか、講演・セミナーの依頼や雑誌取材なども多い。

藤村岳 Gaku Fujimura
男性美容研究家。編集者を経て独立。シェービングを中心に独自の理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動。テレビ出演のほか、講演、コスメ開発やマーケティングなども行う。スパ・エステについても造詣が深い。著書に『一流の男はなぜ爪を手入れするのか?』がある。サイトは、男性美容研究所。男性美容研究所:http://danbiken.net/

関龍彦 Tatsuhiko Seki
FRaU プロデューサー。講談社入社後、『ViVi』『FRaU』の編集者を経て『VOCE』創刊のため新雑誌準備室へ。2004年より6年間、同誌編集長。2010年より4年間、『FRaU』編集長。2018年より現職。ビューティ界の新サービス「BE-BANK」エグゼクティブ・プロデューサーも務める。

▼「俺たちのコスメ」全部読む!

 
Illustration:YUGO. Composition:Mayumi Hasegawa