上海の摩天楼〔PHOTO〕iStock

中国の「爆速成長」に憧れる〈中華未来主義〉という奇怪な思想

人権も民主主義も、もう要らない?

民主主義が衰退し、中華未来主義が台頭する

「俺は未来から来た。お前は中国に行くべきだ。」

これは、タイムトラベル設定のSFスリラー『LOOPER/ルーパー』(ライアン・ジョンソン監督、2012年)のなかで、30年後の未来から送り込まれてきた犯罪組織の上司が、主人公の殺し屋(通称・ルーパー)に投げかけるセリフだ。

のちに組織を裏切った主人公は、この助言に従うかのように、中国のグローバル・シティ、上海に移り住むことになる――いまいるアメリカに留まるのでも、かねてから念願だったフランスに行くのでもなく。

かつてアメリカの政治学者フランシス・フクヤマは、冷戦終結後の世界を自由民主主義(リベラル・デモクラシー)が最終的に勝利した「歴史の終わり」としてとらえた。ところが、トランプ大統領の誕生後に行われたインタヴュー(「「歴史の終わり」を唱えた人物が、民主主義の未来を恐れている」 )では、25年前の自分の理論を修正して民主主義の退行・衰退を公言し、その行く末に懸念を表明するようになっている。

フクヤマの変心をより長いスパンで冷静にとらえ直すなら、「戦後の資本主義と民主主義の「できちゃった結婚」生活は破局を迎えた」という認識につながるだろう(W・シュトレーク『資本主義はどう終わるのか』村澤真保呂・信友建志訳、河出書房新社)。

このように自由民主主義が自明であった社会が崩れ始めている昨今、西洋社会で一つの奇妙な思想のうごめきが注目を集めている。それは「中華未来主義(Sinofuturism・サイノフューチャリズム)」と揶揄的・批判的に呼ばれる考え方だ。

上海の摩天楼〔PHOTO〕iStock

中華未来主義はいくつかの思想が流れ込んだ複雑な思想だが、大まかな特徴を手短にまとめておけば、以下のようになる。

西洋社会が掲げてきた人権などの民主主義的な建前は、グローバルな経済競争が激化する現代において、技術革新や生産性向上を阻む「邪魔者」になってしまった。むしろ、人々の権利を制限した権威主義的な資本主義を通じて発展著しい中国やシンガポール(≒中華)にこそ「未来」があるのではないか――。

これは、AI(人工知能)をはじめとするデジタル・テクノロジーの発達、そして、アメリカやEUの地位低下と中国の「一帯一路」構想やロシアの「新ユーラシア主義」の台頭に伴う地政学的な意識の変移とともにせり上がってきた思想である。後述の通り、ある意味で、西洋社会の不安や羨望が「中華」に投影された発想とも言える。

 

こうした政治体制・経済システムにおける「中国志向」は、文化的・芸術的な表現にも入り込む。すなわち、未来を「中国」のなかに見出すという表現が散見されるのだ。

人工知能バーチャル・アシスタントとの恋愛を描いたSF映画『her/世界でひとつの彼女』(スパイク・ジョーンズ監督、2013年)の舞台となっている近未来ロサンゼルスの屋外場面が、じっさいには現在の上海で撮影されていたことは、中華未来主義の事例の一つに数えられるかもしれない。

だが、それをもっと凝縮したかたちで表しているのは、冒頭で引いた『LOOPER/ルーパー』の「俺は未来から来た。お前は中国に行くべきだ」というセリフだろう。

以下、「中華未来主義」についてより深く掘り下げるが、そのためには、ほかならぬ『LOOPER/ルーパー』に強く惹きつけられたイギリス人哲学者ニック・ランドの遍歴を簡単にたどり直しておく必要がある。