photo by Getty Images

死んだ独身男性のために女性を殺して捧げる…?中国に残るヤバい因習

女性遺体売買まで行わている

春節の惨劇

2019年の“春節(旧正月)”元旦は2月5日であった。その前日の2月4日は中国で“除夜”あるいは“除夕”と呼ぶ大みそかで、人々は国営の中央電視台(中央テレビ局)が夜8時から放映する日本の紅白歌合戦に似た番組“春節聯歓晩会(春節パーティー)”を家族で見ながら年越しまでの時間を過ごす。

いよいよ年越しの時が迫ると、人々は一斉に屋外へ飛び出し、魔除けの花火や爆竹を鳴らして新年の到来を祝う。冬の夜空に鳴り響く花火や爆竹は、静寂の中で厳かに鳴り響く日本の除夜の鐘とは対照的な騒々しさで、中国人にとって無くてはならない冬の風物詩なのである。

さて、その2月4日の午後7時頃、陝西省楡林市の金鶏灘鎮柳樹灘村(りゅうじゅたんむら)にある1軒の農家で火災が発生し、その家に住む女性が焼死した。

火災が起きたのは1949年8月10日生まれで69歳の朱連堂の家で、焼死したのは彼の妻で小児麻痺の後遺症による身障者で、歩行も身の回りのこともできない34歳の李春であった。

近くの工場で働く工員で火災現場から100m程離れた所に住む徐鵬飛は火災を目撃したとして、メディアに次のように述べた。

徐鵬飛が夕飯を終えた頃、台所の窓から遠くの住宅で火が出ているのを見付けた。彼は7時13分に119の消防局へ電話で火災の通報を行ったが、楡林市の消防部隊から火災現場までは地理的に遠い事に気付き、自分の工場の消防チームに電話を入れて消火を依頼した。

徐鵬飛によれば、住宅に使われていたカラー鋼板はブリキにウレタンを巻いたものだったから、火の回りが速く、人が住んでいた部屋は恐らく早くに焼け落ちたものと思われた。

 

当時、徐鵬飛は消火の手助けをしようと現場へ駆け付けたが、その時に外食を終えて家へ戻って来たと思われる朱連堂を目撃していた。この時、火の勢いはすこぶる強いだけでなく火足が速く、最終的には火がまだ燃え移っていない牛小屋から牛4頭を救出するのがやっとだった。

当初、この火災は大みそかの夜に発生した単純な失火と思われたが、現場検証の結果、楡林市公安局は火災現場の主人である朱連堂が自宅に放火したものと断定し、朱連堂を自宅に放火して妻で身障者の李春を焼死させた容疑で逮捕したのだった。

2月20日時点で、朱連堂は楡林市公安局楡林分局で刑事拘留されているというが、朱連堂は“冥婚”を行うことを目的として妻の李春を焼死させたと自供したのだった。