「血液のがん」白血病について、あなたはどこまで知っていますか?

〜ドナーになれる条件と、支援方法
村上 和巳 プロフィール

患者を救うためにできること

こうした白血病の治療に臨む人たちのために私たちが直接的あるいは間接的にできることは結構ある。
 
第一が、移植に必要な造血幹細胞の提供のための骨髄バンク・さい帯血バンクへの登録である。

前述のように造血幹細胞移植では、提供者と移植を受ける患者との間でHLA型の一致度の高さが成否を決める。完全一致が望ましいが、HLA型は親から半分ずつ遺伝子するため、親子間では半分しか一致しない。

兄弟姉妹間では完全一致例もあるが、その確率は4分の1程度。もし患者が一人っ子であれば親族間の完全一致の確率はほぼゼロだ。非血縁者でのHLA型の完全一致は、数万人~数百万分人に1人という超低確率となる。

実際の造血幹細胞移植ではHLA型が完全一致でなくとも行えるものの、前述のGVHDの危険性が高まり、予防対策が厳重になるなど不利益が多くなる。

いずれにせよ、患者1人を救うためには1人でも多くの「骨髄」または「さい帯血」の提供候補者が必要となる。

造血幹細胞移植に協力しても良いという人が、あらかじめHLA型を検査して登録し、一致度の高い患者が現れたら、実際に造血幹細胞が含まれる骨髄液、末梢血を提供するための橋渡しをするのが「骨髄バンク」である。

また、「さい帯血バンク」は、同意した妊婦の出産直後に、へその緒や胎盤からさい帯血を採取。これを凍結保存し、必要となる患者が発生した際に提供する。

骨髄バンクへは18~54歳で体重が男性45kg以上、女性40kg以上の健康な人ならば登録できる(実際の提供年齢は20~55歳まで)。

もっとも既に病気(特に気管支ぜんそく、肝臓病、腎臓病、糖尿病)があって薬を服用している人、ウイルス性肝炎やマラリア、HIV感染症の人、がんや免疫性の病気、心臓疾患や脳卒中などの経験者、極端な肥満や血圧が高い人、過去に輸血歴がある人などは登録できない。

 

骨髄バンク登録以外の支援手段

骨髄バンクやさい帯血バンクに登録できなくとも白血病患者を支援する方法はある。例えば骨髄バンクでは事務局での軽作業を行う登録ボランティアを募集しているほか、活動のために募金も求めている。この募金はネット上でクレジットカード決済(1000円から)も可能だ。

また、白血病を始めとする血液がんでは様々な患者団体が活動し、患者本人や家族への情報提供などの支援を行っている。こうした団体でも活動のための募金を受け付けている。主な患者団体は血液がんの専門医などが参加している日本血液学会、日本小児血液・がん学会などのHPのリンク集で見つけることができる。

さらに前述のように白血病では治療の副作用に脱毛があり、こうした患者のために「ヘアードネーション」と呼ばれる一般の人から提供された毛髪を使い、メディカル・ウィッグ(かつら)を作製して無償提供している活動もある。

提供できる毛髪は一定以上の長さが必要なものの、ロングヘアをショートヘアにしたい時などに提供を検討してほしい。

一方、間接的ながらも社会的意義が大きい支援が生ワクチンの接種。繰り返しになるが、白血病治療中の患者では、感染症が時に致命的になることがある。

ワクチンは生きた病原体の毒性を弱めて作る「生ワクチン」と、病原体そのものの感染能力を失わせた「不活性化ワクチン」に大別され、免疫が低下している時には生ワクチンは接種できない。また、造血幹細胞移植を受けると、過去に自然感染やワクチンで獲得した免疫の大幅な低下や喪失も報告されている。

生ワクチンで予防できる感染症は、麻疹(はしか)、風疹、水痘、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、BCG(結核)、ロタウイルス。折しも国内では昨年来、麻疹・風疹の流行が報告されている。

これらへの感染歴がない、ワクチン未接種あるいは接種歴不明な人は、ワクチン接種で、白血病治療中の患者の感染症リスクを減らすことに貢献してほしい。

最後に、池江選手はどの種類の白血病になってしまったのか、造血幹細胞移植が必要な状態なのかどうか、公表していないため分からないが、池江選手を含む白血病患者の回復と復活を心から願うのであればどうか、皆さんができることを、していただきたいと願う。

編集部からのお知らせ!

関連記事