撮影/佐藤圭
# 動物 # 癒し

春の訪れを告げるネコヤナギの新芽とシマエナガの競演

北海道から毎日お届け中!

白のふわふわ

ネコヤナギが芽吹いたら、もうすぐ春です

北海道は広いので、雪解けの時期も地域によって違うし、その年の積雪量によっても違ってきます。

3月上旬は、道北はまだ雪に覆われていますが、あったかい日(最高気温が氷点下にならない日)が増えて、冬の峠は越えたと実感できます。

 

雪解けが進むと、ネコヤナギも芽吹き始めます。

そこへ可憐な姿でシマエナガが舞いました。

白い綿毛に包まれたネコヤナギの芽と、白くふっくらしたシマエナガ。なんて相性がいいんだろうと感動しました。

早春の雰囲気が出せた一枚です。

季節を表現できる写真を撮りたいと、いつも思っています。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!

※エプソンフォトグランプリ2018(審査員/田沼武能、三好和義)において、佐藤圭さんの「クマタカの肖像」がネイチャー部門優秀賞を受賞しました。