# 動物 # 癒し

森の妖精・シマエナガは、素早すぎるので撮影がたいへんです!

北海道から毎日お届け中!

森のせっかちさん

枝に止まってるのは数秒

枝にチョコンととまったシマエナガ。

長い尾羽を除いた体はスズメより小さく、冬毛は羽根と尾羽以外は白くなるので、雪景色の中にいると見つけるのもたいへんです。

 

シュンシュンと素早く動き回り、枝でジッとしている時間は数秒です。

そのため、撮影は、見つけたら、ひたすら連続撮影をして、後からピントが合っている写真を選ぶということになります。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!

※エプソンフォトグランプリ2018(審査員/田沼武能、三好和義)において、佐藤圭さんの「クマタカの肖像」がネイチャー部門優秀賞を受賞しました。