撮影/佐藤圭
# 癒し # 絶景

見事な利尻赤富士! 朝日に染まり、北の海にすっくと立つ!

北海道から毎日お届け中!

赤富士を横に眺めて、北へ帰る渡り鳥

水平線に浮かぶ日本最北の富士です

朝陽に照らされた利尻富士。見事な赤富士になりました。

利尻富士(利尻山/1721m)は、富士の名がつく中では、国内最北の山で、利尻島の大部分を占めるため、まるで「海に浮かぶ山」のように見えます。

 

水平線からすっくと立つ姿は、高さではかないませんが、本家・富士山にも負けない迫力があります。

三月に入ると渡り鳥が移動を始めます。

山が赤く染まっていくところを狙っていると、渡り鳥がちょうど良いところに飛んできました。マガンか、オオヒシクイかな?

その神々しさに、思わず合掌!

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!

※エプソンフォトグランプリ2018(審査員/田沼武能、三好和義)において、佐藤圭さんの「クマタカの肖像」がネイチャー部門優秀賞を受賞しました。