SDGsという目標が掲げられたことで、問題意識は世界中へ拡散! 各国でさまざまなプロジェクトが立ち上がり、賛同した市民が動き出しています。社会を変えるのは身の回りから。小さくも偉大な、その一歩を紹介します。

直してから、再び売る。
洋服の新しい循環の形

オリジナルブランドと並んで「RW」のタグも添えられる。商品は全て自社サイトでオンライン販売。


近年、増加傾向にあるオンライン注文で、損傷などを理由に返品された服は、二度と市場に戻ることはない。在庫過多で余った服はアウトレットに回すのがせいぜいで、あとはゴミになるばかり。しかし〈ザ・リニューアル・ワークショップ(以下、TRW)〉はそんな服に活路を見出した。

半数以上の服の損傷はファスナーやボタン周り。出荷前には全商品、シミや穴がないか社内認証を受けている。


「新しい生地から新しい服を作って売るだけが方法ではない、というマインドセットを業界に投じているんです。服は資源の賜(たまもの)。ほんの小さなダメージだけで廃棄するのではなく、それを直してリブランドして売れば、消費者は市場の3割安で買える上、環境、社会、ブランド自身にもポジティブなインパクトを与えられる」と創業者のニコル・バセット。

提携ブランドはノース・フェイスやアイスブレーカーなど20社以上。


〈TRW〉は市場に再び出せるよう服を直すだけではなく、返品の原因や傾向を提携企業にフィードバックし、今後のデザインに役立ててもらっている。この循環型ビジネスは、一着の服が持つ可能性と資源を、無駄なく消費者とブランドに還元しているのだ。

The Renewal Workshop:renewalworkshop.com/

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、2018年12月20日に発足した「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。

●情報は、FRaU2019年1月号発売時点のものです。
Text:Sakiko Sedaka  Edit:Yuka Uchida