Photo by iStock

ニートの息子が親の遺産をFXで溶かしてしまった…その後の運命

新・争う族(あらそうぞく)の現場から

「お預かりしている証拠金維持率が100%を割るところまで来ております。本日17時までに〇〇証券の以下の口座まで追加証拠金として2000万円のご入金をお願いします。ご入金がない場合、お客様の保有ポジションは相場状況によりますが、強制決済される恐れがありますのでご注意ください。」

このような警告メールが小田さんの携帯メールに入って来たのも、すべては相続問題が始まりでした。

●今回の登場人物「小田さん一家」(2009年当時)
父75歳(元農協職員)
母69歳(専業主婦)
小田さん 長男45歳(ニート兼トレーダー)
長女43歳(会社員兼主婦、香港在住)
 

父から不動産を受け継いだニートが…

小田さんは、東京都内の芸能人も多く住んでいる高級住宅街に古くから大きな土地を持つご一家の長男です。家長の父がすべての土地を所有しており、100坪を超える広大な敷地内には古い大きな日本家屋が建っています。自宅不動産以外に収益物件などの財産はほとんどないため、自宅が建つ土地の価値が3億円を軽く超えるとはいえ、決して派手な暮らしをしていたわけではありません。

特に農協の職員をしていた父の生活ぶりは至って質素で、ことあるごとに「土地の値段自体は高いが、うちには現金がない」とこぼしていましたそうです。長男である小田さんは、それが今一つピンと来ていませんでした。「うちの土地は高い」=「お金持ち」程度の知識しか持ち合わせていなかったのでしょう。

そうしたこともあり、長男である小田さんは、無職で家に引きこもりがちの生活を長年送っていました。20代の頃は工場などで働いていたこともありましたが、身体が弱いこともあり、どんな仕事も長続きせず、家でゴロゴロしていることが多くなったのです。

45歳になる今も独身で、仕事を尋ねられると「デイトレーダーをしている。いつでも仕事勤めに戻れるけど、トレードの方が儲かるから家にいる」と答えていましたが、父と母の3人で父の年金で暮らしているのが実態です。

Photo by iStock

一方小田さんの姉である長女は、小学生のころから活発で学級委員をやるようなタイプでした。中学生の時も生徒会長を任され、高校から海外に留学します。大学卒業後は外資系の金融機関に就職し、海外赴任の途中で香港人の夫と結婚。今は香港のセントラル(東京の丸の内のような場所)の裏に位置する高級マンションで夫と子供と3人で暮らしています。家事をしながら仕事もしている関係もあり、最近では高齢の両親とニートの兄が住む実家にはあまり寄り付かなくなっていました。

たまに姉が帰ってきても「なんであんたは働かないの?」と文句を言われるため、小田さんも、疎遠になっていることで、ほっとしているといるほどです。

母は、長男を甘やかしていました。父が相対的に厳しいため「自分が長男を守ってやらなければいけない」という「義務感」が生まれたのでしょうか、働かない長男に対して仕事をするよう促すこともないどころか「お前は働かなくていいのよ~」と口癖のように言っていました。

小田さんが外の世界と触れ合おうとせず、親の名義と資金を使って株のデイトレードにのめり込んでいったのも、そうした背景があったからでしょう。