# 日本株 # 中国経済

中国景気減速は実は「底打ち」なのか?FACTから見る株価トレンド

株価は業績の「変化」に連動する

工作機械受注から見えてきた「意外な真実」

工作機械受注は前年割れが拡大している。昨年10月に前年同月比マイナスに転じ、11月にはマイナス17%と一気にマイナス幅を広げた。

〔photo〕gettyimages

しかし、その後は、マイナス18.3%、マイナス18.8%とマイナス幅の縮小ペースが緩やかになっている。これはなぜか? その理由は明確で、中国景気の減速でいち早く悪化した外需が持ち直してきているからだ。

実際、工作機械受注の外需は11月を直近のボトムに2カ月連続で増加している。そして、2月21日に発表された1月の確報で、中国からの受注が2カ月連続で前月比10%超の増加になったことも確認された。

「1月は春節前の駆け込み需要も影響している。底を打ったというのは早計」という慎重な見方も当然ある。しかし、他の指標でも改善しているものが散見されるので、総合的に考えれば中国景気は「底打ちつつある」と見るべきだろう。

「悪い」と「良くなっている」は両立する

中国は昨年から矢継ぎ早に景気対策を繰り出してきたが、今年に入ってからも、自動車や家電の購入を促進する消費刺激策に加え、金融緩和や減税措置、インフラ投資の拡大などを打ち出している。こうしたことが徐々に経済指標で確認できるようになってきた。

出所:Bloomberg

この景気回復の兆しに真っ先に反応しているのが中国株の動きである。

実際、上海総合は200日移動平均を一時上回り、節目の3000ポイントの大台に迫っている。上方トレンドへ転換が明確になっている。

 

100万部を超えるベストセラー、「FACTFULLNESS」の言葉を借りれば、「悪い」と「良くなっている」は両立する。「悪い」は現在の状況であり、「良くなっている」は変化の方向である。

中国景気減速から企業業績悪化、というシナリオに拘泥していると間違いかねないので、注意したい。