SDGsという目標が掲げられたことで、問題意識は世界中へ拡散! 各国でさまざまなプロジェクトが立ち上がり、賛同した市民が動き出しています。社会を変えるのは身の回りから。小さくも偉大な、その一歩を紹介します。

ものづくりの背景が分かる、
製品チェックのためのアプリ

あなたがモノを買うときの基準は? オーガニックであることは世の中に根付いてきた判断基準のひとつだが、他にも、フェアトレードで生産されているか、原料が自然破壊に繋がっていないか、などをきちんと知りたいところ。それを商品にスマートフォンのカメラをかざすだけで教えてくれるアプリがスイス発の「コード・チェック」。
 

登録されているアイテムは4000万以上。円グラフによるインターフェイスの分かりやすさも利用者にウケている。


アイテムは食品とコスメに特化していて、ドイツ語圏でリリースされるとダウンロード数は500万件以上に! 2017年には英語版も登場した。チェック項目は、成分、砂糖や食品添加物の量、栄養価、ベジタリアン対応か否か、など様々。WWF、グリーンピースなどの情報がベースとなり、総合評価が円グラフで表示されるのが分かりやすい。

codecheck:codecheck-app.com/

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、2018年12月20日に発足した「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。


 

●情報は、FRaU2019年1月号発売時点のものです。
Coordinate:Sachiko Kutsuke  Text:Yuka Uchida  Edit:Yuka Uchida