独裁、内紛、権力闘争……日産を苦しめてきた「歴史の呪縛」

「ゴーン後」はそこから逃れられるか
井上 久男 プロフィール

そしてゴーンへ

その塩路放逐の黒幕である石原俊が暴走したことが、日産の凋落を決定づけた。

石原は社長時代、無謀な海外投資で借入金を増やした。しかも、社内のライバル追い落としのために、石原はアメリカで成功したブランド「ダットサン」までも潰してしまった。このときに日産は北米というドル箱市場でシェアやブランド力を失い、その影響は現在に至るまで続いている。

バブル崩壊後、日産は一気に坂を転がり落ちた。とどめを刺したのが1997年に本格化した「日本版金融ビッグバン」だ。メインバンクの日本興業銀行自体が行き詰まり、日産の支援どころではなくなった。日産の倒産は秒読み段階に突入した。

そして倒産寸前の日産を救ったのが、フランス・ルノーからの出資だった。ルノーから送り込まれたゴーンは日産再生のための中期経営改革「リバイバルプラン」を展開。「聖域なきリストラ」を断行し、日産を見事に再生させたのだ。

 

しかし、経営数字のマジックの影で、ゴーンはイエスマンを寵愛し、意見をする部下を切り捨てて行った。ルノーとの提携契約も、ゴーンに都合の良いように歪められていった。ゴーンは自身の戦略ミスの責任を配下に押し付け、自分は逃げるようになっていた。

有価証券報告書への虚偽記載に手を染め、特別背任容疑につながる会社の私物化も進め、堕落した経営者になっていた。日産社内は不公平人事がまかり通り、過剰なコスト削減によって現場は疲弊。社内に不満が募った。

【PHOTO】gettyimages

そんな中、多くの日本人取締役は、ゴーンの暴走を止められなかった。あるいは地位を賭してでもゴーンに対峙しようという気概を持てなかった。そればかりか、暴走するゴーンに媚びることでチルドレンとなり、地位を得た者さえいるのである。その顛末は、拙著『日産vs.ゴーン 支配と暗闘の20年』に詳細に記した。

独裁者ゴーン氏逮捕から約3ヵ月が過ぎ、早くも日産の経営は馬脚を現し始めている。西川廣人社長は2月12日、2019年3月期決算見通しを大幅に下方修正した。「ゴーン流経営」の販売台数だけ追う手法が行き詰まり、ドル箱の米国市場が値引きしないと新車が売れない状況に追い込まれたのだ。頼みの綱だった中国も市場の落ち込みから減産を強いられる。

こうした中、日産からの利益や配当を当てにしているルノーの業績も悪化。18年1~12月期決算では6期ぶりの減収、5期ぶりの減益となった。

このままでは三社連合は「弱者連合」と化すリスクが高まっている。日産の役員、社員が一丸となり、日産の歴史と宿痾を見つめ直して健全なガバナンス体制を構築し、顧客に評価される製品造りに真摯に取り組んでいくことが、日産再生の第一歩ではないだろうか。

(文中敬称略)

※本記事は2月20日に発売された井上久男氏の新著『日産vs.ゴーン』の一部を抜粋し、再編集したものです。本書には、逮捕直前のゴーン氏の貴重なインタビューも掲載されています。

編集部からのお知らせ!

関連記事