独裁、内紛、権力闘争……日産を苦しめてきた「歴史の呪縛」

「ゴーン後」はそこから逃れられるか

ついに「ゴーン切り捨て」に転換したフランス側。だが、今回の一件を単純な権力交代劇と捉えては本質を見誤る。20年周期で権力闘争を繰り返してきた日産の歴史には、日本企業の負のDNAが凝縮されている――『日産VS.ゴーン 支配と暗闘の20年』を上梓したジャーナリストの井上久男氏はこう指摘する。

20年周期であらわれる「モンスター」

日産のカルロス・ゴーン会長兼CEO(当時)の電撃的な逮捕から、約3ヵ月が経った。

当初、ゴーン擁護に回っていたルノーとフランス政府だが、ベルサイユ宮殿での結婚式への会社の資金流用など、ルノーにおけるゴーンの不正行為が次々と明るみに出て、フランス側も「ゴーン切り捨て」に舵を切った。

新たにルノーのトップに就任したジャン=ドミニク・スナール会長は、西川廣人・日産社長兼CEOへの歩み寄りを見せており、今後は両社が協力して新たなガバナンスを模索すると思われる。

だが、歴史ある企業の体質を根本的に変えることは、一朝一夕には不可能だ。

日産の企業統治はある時期から取締役会が機能せず、ゴーンによる専制君主制のようなガバナンスに変わり果てていた。いったいなぜそうなってしまったのかを検証しなければ、日産はふたたびゴーンと同じような独裁者に牛耳られ、同じような失敗の轍を踏むだろう。

 

ヒントは「歴史」にある。

日産の創業以来の歴史を振り返ると、ほぼ20年周期で大きな内紛が起こっている。その都度、「独裁者」とか「天皇」と呼ばれる権力者があらわれた。また、制御不能のモンスターと化した権力者を排除するために新たな権力者があらわれ、その権力者がまた制御不能のモンスターと化すこともあった。

また、社内での派閥争いや、部門間での責任のなすり合いが日常化し、現実の課題に全社一丸となって真正面から向かい合う力を失ってきたことも否定できない。そうした権力闘争が続く中で、日産の経営体力は蝕まれ、疲弊していったのである。

バブル崩壊後の1990年代後半、日産は債務超過寸前に陥り、ルノーの資本注入によってかろうじて生き延びた。そしてフランスから「救世主ゴーン」が登場し、「聖域なきコストカット」によって見事に息を吹き返した。

しかし、長い歴史のスパンでみると、救世主ゴーンでさえ「日産に20年周期であらわれたモンスター」にすぎなかったのである。

これは日産ばかりではない。多くの日本型組織は、自浄能力の欠如という、日産と共通するガバナンス上の欠陥を抱えている。私たち自身でその病根を直視しなければ、日本の企業は同じような過ちを繰り返すことになるだろう。

戦前から政界と密接な関係が

日産は戦前の日産コンツェルンに源を発する。

創業者・鮎川義介は1880(明治13)年、旧長州藩士の子として生まれた。大叔父に明治新政府で大蔵大臣を務めた元勲・井上馨がいた(鮎川の母が井上の姪)。鮎川は若い頃、井上邸に住み込んで書生をしていたようだ。

鮎川は東京帝国大学工科大学機械科を卒業後、井上の支援で戸畑鋳物(現在の日立金属)を創業。これが実業家としてのスタートとなる。後年、日産では「政治案件」と呼ばれるプロジェクトが多く見られるが、政治との距離の近さは、創業時からの体質なのかもしれない。

そして1933(昭和8)年3月、戸畑鋳物内に自動車部が発足。翌34年に日産自動車が誕生している。半年遅れの33年の9月、トヨタも豊田喜一郎が豊田自動織機内に自動車部を作り、これがトヨタ自動車の源流となった。