Photo by Bastien Hervé on Unsplash

お茶の水博士に憧れた幼稚園児はこうして大学理学部長になった

愛読したブルーバックスもご紹介
研究者としてのキャリア、その到達点の一つが大学教授。その上を究めるなら学部長、さらには学長へと連なります。幼いころにアニメ『鉄腕アトム』を見て、アトムではなく、ロボットを作る博士のようになりたい。そんな思いに導かれて学びの道を突き進み、量子流体力学において日本を代表する研究者となった大阪市立大学理学部の坪田誠教授。いまでは学部長もつとめる坪田教授に、「リケラボ」編集部が研究者のキャリアパスについてうかがいました。  

「乱流」がつないだ大学と映画のコラボ

──2018年の5月ごろ、大阪の地下鉄の駅のあちらこちらで「その謎は大阪市立大が解き明かす」と書かれた映画ポスターを見かけました。

坪田 タレントの櫻井翔さんや広瀬すずさんらが出演したSFサスペンス『ラプラスの魔女』のポスターですね。ちょうど映画が公開される前、2018年の3月末に私が発表したプレスリリースを大学の広報担当が見ていたのが、このポスターがつくられたキッカケです。

──ちょっと経緯がよくわからないのですが……。

坪田 私が出したプレスリリース「レオナルド・ダ・ヴィンチの推測が検証された~量子乱流のユニークな構造を発見」は、乱流についての研究成果です。一方『ラプラスの魔女』で描かれたストーリーにも乱流が深く関わっています。

つまり「乱流」をキーワードに両者はつながる。しかも、たまたま映画の公開に先立って、大阪市から映画を後援できないかと本学に話が来ていたのです。そこで本学の広報担当が私の発見と映画の謎解きを結びつけて、「その謎は大阪市立大が解き明かす」をキャッチコピーとするポスターがつくられた、というわけです。

──なるほど。ところで、そもそも「乱流」とはいったい何でしょうか。

坪田 自然界には、さまざまな気体や液体の流れがありますが、その多くは流れが複雑に乱れた「乱流」です。自動車や飛行機の空気抵抗などには乱流が大きく影響するため、乱流の予測と制御は幅広い学問分野で研究されてきました。

ところが「乱れた流れ」という名前が表すように、乱流は非常に複雑な現象で、これを解明するのは容易なことではありません。

──その乱流とレオナルド・ダ・ヴィンチに関係がある?

坪田 ダ・ヴィンチは科学的なスケッチを多数残していますが、その一つに乱流を描いたものがあります。肉眼だけで乱流とそれを構成する渦を見抜いたわけで、その観察力は驚異的というしかない。

ダ・ヴィンチが描き残した乱流のスケッチダ・ヴィンチが描き残した乱流のスケッチ

我々の研究はその乱流をテーマに、絶対零度に近い極低温の量子流体では渦が明確な形で存在していることと、その渦が乱流を形成していることを大規模な数値計算により証明したのです。

──今回の研究成果は、今後どのような展開につながるのでしょうか。

坪田 目に見える、あるいは社会に直接役立つレベルに到達するまでには、まだ時間はかかると思いますが、将来的には自然科学の最終問題の一つといわれる乱流の解明につながり、乱流の動きの予測が容易になる可能性を秘めています。

式が「生きている」!

──低温物理、超流動などの分野において、日本を代表する坪田教授が研究者を目指すようになったキッカケは何だったのでしょう。

坪田 幼稚園児のころ『鉄腕アトム』や『エイトマン』などをテレビで見ていました。主人公はアトムやエイトマンですが、彼らを創りだした科学者を、私はすごいと思ったのです。

科学者つまり博士です。だから、大きくなったら博士になりたいと思っていました。

──ですが、そのままでずっと大きくなったわけではないですよね?