Photo by gettyimages

週1回ペース…? 自衛官の「わいせつ事件」があまりに多すぎる

幹部たちは途方にくれるばかり

基地の中で行為に…?

【当直中にみだらな行為 海自の男女3隊員を停職処分】

新聞にそんな見出しが躍ったのは、今年2月4日のこと。自衛隊員の不祥事はあまたあるものの、これにはさすがに驚いた。記事を追ってみると……。

《当直勤務中に性行為を繰り返したとして、海上自衛隊下総教育航空群司令部(柏市)は4日、下総航空基地隊などに所属する20~50代の男女隊員3人を停職処分とした。(中略)停職処分を受けたのは2017年8月まで下総航空基地隊の男性2等海曹(同12日)、20代の女性海士長(同30日)。男性1等海曹は現在、別の部隊に勤務している。同司令部によると、男性1等海曹は同年2~8月ごろ、男性2等海曹は16年11月~17年9月ごろ、それぞれ当直勤務中に、部下の女性海士長と複数回にわたり、基地の中にある建物内で性行為を繰り返した》(千葉日報)

基地内で性行為? 自衛隊の関係者に経緯について聞いたところ、こう語った。

「持ち場を離れて、基地内の人気のない建物内で行為に及んでいたらしい。よくもそんな場所でしたものだ。周囲に気づかれぬはずがない。実際、同僚らが現場を目撃して、告発したという」

あまりの綱紀の乱れぶりが気になり、最近の事件を調べてみると、年が明けて2か月余の間に、自衛隊ではすでに7件ものわいせつ事件が発生・発覚したことがわかった。

 

1月14日、海上自衛隊大湊地方総監部所属の自衛官が、八戸市立図書館の女子トイレに盗撮目的で侵入したとして、建造物侵入の疑いで逮捕。

1月15日、海上自衛隊鹿屋航空基地の自衛官が、鹿屋市内の駐車場でわいせつな行為をしたとして懲戒処分。また、同日、陸上自衛隊善通寺駐屯地の自衛官は児童ポルノDVDを購入し所持していたとして停職処分。

1月29日、陸上自衛隊米子駐屯地の自衛官が、女児らに裸の動画を撮って送らせたなどとして、脅迫と児童買春・児童ポルノ禁止法違反の容疑で逮捕。

1月30日、海上自衛隊大湊地方総監部の自衛官が、全裸で町中を歩き、公然わいせつの容疑で現行犯逮捕。

これらと冒頭の事件だけで6件。1週間に1件を超えるペースだ。しかも、自衛隊の基地内で発生したわいせつ事件が、さらにもう1件発覚していたのである。

《青森県八戸市の陸上自衛隊八戸駐屯地で昨年、自衛官の男女が互いに体を密着させている様子が撮影され、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されていたことが4日、同駐屯地への取材で分かった》(共同通信)

場所は違えど、奇しくも冒頭の事件と同日に明らかになった基地内不祥事を前に、取材に応じた別の自衛隊幹部は頭を抱えた。

「隊員の数が多く、管理が難しいのは事実だが、銃器をはじめさまざまな装備があり、機密情報にも接する厳粛な職場でこうしたことが続けざまに起こるとは……」

職場といえば、昨年11月、陸上自衛隊那覇駐屯地内で体調を崩した女性を介抱する際、スカート内を撮影したり体を触ったりしたとして、自衛官が陸上自衛隊警務隊に摘発される事件が発生。

また、2018年3月には、女性自衛官隊舎で盗撮を繰り返したとして、陸上自衛隊大津駐屯地所属の1等陸尉が停職60日の懲戒処分を受けた事件なども記憶に残る。性犯罪として悪質なのは言うまでもなく、自衛隊の基地・官舎といった職場管理という点でもあってはならない事件である。