池江璃花子、堀ちえみ…「がん告白」に医師が思う、患者の心の葛藤

専門医が見た様々な患者の「闘い方」
沢田 浩 プロフィール

医師が「余命」を淡々と患者さんに告げる時代

佐々木医師はそう言って、一人の患者さんに実際に起こったことを示してくれた。56歳で手術ができないほど進行した膵臓がんと診断された男性患者Fさんのケースだった。

外来で通院しながら抗がん剤治療を始めて2か月、39度の発熱があって緊急入院した際のエピソード。近著のなかの一節である。

《(Fさんは)抗生剤点滴などの治療を5日間受けて解熱し、退院することになりました。その際、担当医から書類が渡され、署名を求められたといいます。内容は、

「これまで膵臓がんに対して抗がん剤治療を行ってきましたが、期待される効果は得られず中止とします。余命1か月が考えられます。ご自分らしい日々を送っていただくために在宅で過ごされることを支援いたします」

といったものでした。そして、一緒に自宅近くの医院への紹介状も渡されました。Fさんは、これまでもたくさんの書類にサインしてきましたが、今回のサインの時は苦笑したそうです。帰りの車の中で、
「〝余命1か月〞にサインさせるなんて……」
と怒っていた奥さんに対し、Fさんは、「もう、あの医者にはかからないのだから」と返したといいます》

photp by iStck

医師が「余命1か月」を淡々と患者さんに告げ、患者さんは「余命1か月」と記された書面にサインする――。

そんな時代になったことも、2人に1人ががんになる時代の真実なのである。佐々木医師は常に案じているという。

 

「告知で“自分らしい日々”は本当に過ごせるのでしょうか。Fさんの奥さんからその書面を見せられた私は、〝余命1か月〞にサインしたFさんが、その後の一日一日をどう過ごすのだろうか心配でなりませんでした。食事が普段の半分ほどしか食べられなくなっているのに〝自分らしい日々を送る〞なんて……。本当にそのようなことができるのだろうか……と」

幸いなことに、このFさんは数か月が経過した今も苦しむことなく過ごされているという。近くの医師に往診してもらい、睡眠薬を処方してもらいながら……。

編集部からのお知らせ!

関連記事