張飛が艶っぽい遊女に⁉江戸の人々が遊び倒した「三国志」のパロディ

局アナが語る「三国志の日本史」②

皆さん、こんにちは。ニッポン放送のアナウンサー、箱崎みどりです。

普段はラジオ局、ニッポン放送(AM1242、FM93)で「草野満代 夕暮れWONDER4」(月~木曜16時から)などの番組を担当している私ですが、実は、小学生の頃からの20年を超える「三国志」好き。

今年は、特別展「三国志」が、東京国立博物館で7月9日から、九州国立博物館で10月1日から行われます。「三国志」が改めて注目を浴び、盛り上がることでしょう!

私が愛してやまない日本の「三国志」の豊かな世界について、連載第2回も江戸時代、それも遊びのある部分に焦点をあてて、お話ししていきます。

『三国志演義』を日本の大衆に親しみやすい形に馴染ませて取り込んでいく過程が、手に取るようにわかるはずです。

「孔明の罠」ごっこ

前回の記事、第1回「江戸の市川團十郎もトリコになった『通俗三国志』とは?」では、

・江戸時代の歌舞伎役者、二代目市川團十郎が「三国志」にハマっていたこと
・中国の歴史小説『三国志演義』が、日本では早い段階で『通俗三国志』として完訳されたこと
・『通俗三国志』は、絵入り本や身近な文学・芸能などの形で、庶民の生活に溶け込んでいたこと

についてお話ししました。

第1回を読んでくださった方から、様々な反応をいただいたのですが(ありがとうございます! 励みになります!)、その中に、江戸時代の人々が「三国志」好きだったことを受けて、「江戸時代から『孔明の罠』ごっこがあったのかも」といったご感想もありました。

ネットスラングとして知られる「孔明の罠」という言葉は、横山光輝先生の漫画『三国志』の中で、司馬懿(仲達)が孔明を警戒するあまりに発したもの。

残念ながら、横山『三国志』のベースになった吉川英治の『三国志』にも、江戸時代の『通俗三国志』にも、このフレーズそのままは、出てきません。

ただ、今の人々が、つい「孔明の罠」と書き込んでしまうように、「三国志」で〝遊ぶ〟ことは、江戸時代から盛んに行われていました。

まず、書籍類からご紹介していきます。『通俗三国志』のブームを受けて、「三国志」に題を採ったパロディが多数出版されました。残されているものだけみても、その豊富さには、目を見張るものがあります。

男女逆転「三国志」

特にインパクトが強いのが、男女逆転「三国志」

草双紙を複数合わせた合巻『傾城三国志』(墨川亭雪麿著、歌川国貞画、文政13[1830]~天保5[1834]年)では、主要な登場人物が皆女性に!(現代の漫画やアニメなどで聞いたことがある設定のような……)

劉備は、大桑の玄妙(くろたえ)、関羽は関路(せきじ)、張飛は飛鳥(あすか)と名を変えていますが、お話の筋はほとんど『通俗三国志』をなぞっています。

私が思わず笑ってしまったのが、黄巾の乱鎮圧のための義勇軍を募る高札の前で溜息を吐く玄妙(劉備)に、飛鳥(張飛)が声をかけるシーン。

(…)玄妙は何者ぞと、後ろの方を返り見れば、年の頃は二十にもや、なるらんと見ゆる女子の、色黒くして目は丸く、頬骨立ちて頤とがり、さもむくつけき姿なり。

もう女性というにはかなり異色な、ひげこそないものの、ほぼ『通俗三国志』のままの張飛の姿です。関路も「身の丈高く赤ら顔にて、口びる赤く頬ふくらみて、まなじり長く切れ上がり、眉は蚕の寝たるに似て、顔形世の常ならず、男勝りと見えければ」と、関羽以外の何物でもありません。

上に挙げた三兄弟や、孫堅は堅田、呂布は調布、男になった貂蝉は花村蝉之助など、元の名前にちなんだ名がつけられていますが、曹操だけは「滝夜刄姫」!……なぜか、とっておきの名前がついています。

敵役・曹操の評価が高まるのは、近代以降と言われていますが、『傾城三国志』の著者・墨川亭雪麿の、曹操への熱い思い入れが垣間見えます。

『傾城三国志』と同じコンビ、墨川亭雪麿、歌川国貞は、浄瑠璃『諸葛孔明鼎軍談』を読み物化した、合巻『世話字綴三国誌』(天保2[1831]年)も出しています。

そのほか、草双紙では、『風流いかい田わけ』(富川房信画、明和7[1770]年)で、関羽と孔明が碁を打っていたり、『楠末葉軍談』(作者未詳、宝暦13[1763]年)に、孔明の秘密の書物を盗む話が出て来たり、鳥たちの合戦物『諸鳥合戦記』(富川吟雪画、刊年未詳、安永元[1772]年から6年頃と推定)では、時鳥を軍師に迎えるため、鶴の王が息子を三度訪ねさせる「三顧の礼」のパロディがあったりもしています。

花街にやってきた英雄たち

次に、遊里文学洒落本

普通に考えると、英雄たちの興亡を描いた「三国志」と相性が良いとは思えないのですが、男性から人気があったという点が共通していたのでしょうか。「三国志」の登場人物たちが、花街にやってくるというお話に仕立て上げられています。

まず、夢中楽介著『通人三国師』(天明元[1781]年)。

借金まみれになった孔明、諸借金孔明は、司馬懿(仲達)との対陣中、自らが没したという噂を流し、仲達を退けます。食王・劉備に、関羽・張飛と共に、先に日本に落ち延びるよう勧め、自らも少ししてから来日。香三郎と名を改め、奉公に出る孔明。

持ち前の頭の良さで出世するも、遊びが過ぎ、店の者が孔明と懇意の張飛にその旨を相談する、というお話です。