東急電鉄がひそかに注目!人気の「五目大(ごもくだい)」エリアとは?

これから住むならこの街だ
東浦 亮典 プロフィール

多摩川線の羽田空港接続計画

東急蒲田駅と京急蒲田駅とを結ぶ、通称「蒲蒲線(新空港線)」の構想が発表されてから随分と長い時間がたちました。かつては2020年の東京オリンピック・パラリンピックに間に合えばという期待もありましたが、現時点ではまだスケジュールは見えていません。

Photo by iStock

もともと、蒲田駅は西口と東口がJRの線路で分断されていて移動しづらいことが課題でした。駅前広場空間の確保や交通処理をどうしていくかも課題になっています。周囲は繁華街になっており、行政は違法駐輪問題などにも頭を悩ませています。

新空港線計画は、将来こうした諸問題を解決できる糸口になるのではないかと期待されています。

構想では東急多摩川線矢口渡駅付近から地下化し、東急蒲田地下駅を通り、京急蒲田地下駅、大鳥居駅手前で京急(空港)線に乗り入れる計画となっています。東急と京急の軌道幅の問題など技術的、コスト的課題が残されているようですが、いずれ実現することが待ち望まれます。

羽田空港の国際化、24時間運営化によって、今後ますます羽田空港を利用するお客様が増加することから、新空港線以外にもJR東日本の羽田空港アクセス線も発表されており、利用者にとっては今後利便性が高まることが期待されています。しかし京急にとって羽田へのアクセス路線はドル箱なので複雑な感情があるかもしれません。

その蒲田を走る東急線は、池上線と多摩川線です。多摩川線といってもあまりなじみのない方が多いかもしれませんが、元はといえば蒲田と目黒を結ぶ目蒲線のことです。

 

東急電鉄の祖ともいうべき目黒蒲田電鉄の本線であった目蒲線が、その後東横線の輸送力増強のために、多摩川駅から目黒方面が目黒線、蒲田方面が多摩川線と分離したのが2000年のことでした。駅数はわずか7駅となり、多摩川線沿線住民は都心に出る際は乗り換えが必要になってしまいました。

それ以来、池上線と並ぶ「ローカル線」になってしまった感がある多摩川線ですが、将来的には新空港線の路線となって再度注目されることになる可能性を秘めています。

その中でも注目すべき街は下丸子です。下丸子周辺の多摩川流域には工場跡地に開発したタワーマンションが建ち並んでいます。付近にはキャノンのグローバル本社もあり、街全体の人口は増えています。駅前にもまだ開発の余地のある土地が残されていたり、今後大きく化ける可能性のある街のひとつと言えます。

一方の目黒線の注目の街は西小山かもしれません。隣駅の武蔵小山は急行停車駅でもあり知名度では上ですが、駅前の大規模再開発で街の安全性と利便性は高まるでしょう。

目黒線は一見地味かもしれませんが、目黒経由で南北線・都営三田線にも相互直通しており、六本木方面や大手町方面にも出やすく非常に利便性の高い路線です。西小山も以前は武蔵小山の陰に隠れてややあか抜けないイメージがありましたが、品川区の駅前広場整備事業もあって、駅周辺はすっきりとスマートな雰囲気に変わりました。

賃貸相場も比較的お手頃とあって、西小山周辺はこの数年で目に見えて、若い世代、特に女性の利用が増えた気がします。

今後、未整備な状態で残されている目黒区側の駅前が整備されてくると、その魅力と価値は随分と上がってくることでしょう。