〔photo〕iStock

タワマンが売れない…ついに始まるマンション「大崩壊」に備えよ!

在庫物件があちこちに

首都圏のマンション市場がいよいよ踊り場にかかっている可能性が出てきた。

2018年の新築価格は若干ながら前年比マイナスになり、中古価格は19年1月に久しぶりの下落を記録した。首都圏マンション市場の潮目が、「買い時」から「売り時」に変わりつつあるのかもしれない。

「買い時だと思わない」が主流派に

不動産ポータルサイト「ノムコム」を運営する野村不動産アーバンネットでは、会員を対象に定期的に『住宅購入に関する意識調査』を実施している。

そこでは「不動産は買い時だと思うか」と質問しているが、19年1月調査においては、図表1にあるように「買い時だと思う」は8.7%、「どちらかといえば買い時だと思う」が29.2%で、買い時だと思う人の合計は37.9%だった。1年前の調査では39.9%だったから2.0ポイントの減少。反対に、「買い時だと思わない」が38.9%から42.3%に3.4ポイント増加している。

 

図表1にあるように、2017年までは買い時だと思う人のほうがかなり多かったのが、18年はほとんど同数になり、19年にはついに逆転、買い時だと思わない人がジワジワと増えていることが分かる。

図表1 不動産は買い時だと思うか

拡大画像表示資料:野村不動産アーバンネット『住宅購入に関する意識調査(第18回)』

4人に3人以上が「売り時」だと感じている

反対に、そろそろ売り時だと思う人が増えつつある。図表2にあるように、「売り時だと思う」「どちらかといえば売り時だと思う」の合計は76.9%に達しており、4人中3人以上は「売り時」だと感じている。

調査では、今後の不動産価格の見通しについても質問しているが、「不動産価格は上がると思う」とする人は20.4%で、「不動産価格は下がると思う」が34.7%に達している。また、不動産は売り時だと思う人にその理由を聞くと、「不動産価格が上がったため」とする人が52.0%で、「今後、不動産価格が下がると思われる」とする人も28.8%だった。

この調査は、「ノムコム」の会員が対象であり、一般の人に比べて不動産に関する関心が比較的高い層だけに、多少なりとも先見性のある人たちは、これまでの買い時から売り時に、潮目が変わりつつあることを感じているのではないだろうか。

図表2 不動産は売り時だと思うか          (単位:%)

拡大画像表示資料:野村不動産アーバンネット『住宅購入に関する意識調査(第18回)』