# 確定申告

スマホで「確定申告」に挑戦した私が、心の底からガッカリした理由

試してわかった、その意外な使い勝手
横川 楓 プロフィール

スマホで確定申告、チャレンジしたけれど…

でも、このスマホで確定申告。実際にやってみると、なんとスムーズにスマホでできるのは、1年間で支払った医療費が10万円を超えた分が所得控除となる医療費控除と、一定の条件をクリアしており対象の薬を1万2千円以上購入した際に所得控除となるセルフメディケーション税制、ふるさと納税も含む特定の国や公共団体などに寄付をした額から2千円をひかれた額が所得控除となる寄付金控除の申告だけ。

*一部の控除の申告はスマホ上で完結するが…

例えば先ほどお話ししたような過去の分の申告、いろいろなバイトをしていた(源泉徴収票が複数ある)場合、副業をしていた場合、年末調整を会社がしてくれていなかった場合などはすぐにPC版へ誘導されてしまうのです。

*ほとんどの場合、PC版での作業を促される

下は実際にiPhoneXSでPC版へ進んだ画面になりますが、ID・PWがあればスマホで先に進めはするものの、縦表示だと下に余白ができ、文字も小さくとてもやりづらい……。

*これなら、最初からPCでやったほうが…

『「e-Tax」で提出する』を選択すれば申告書は作れますが、こんなに小さくなるのであれば、PCでやった方がいいですよね。

 

つまり、今年スマホで確定申告ができるようになったのは、医療費控除やふるさと納税を行っていて、副業もしておらず1つの会社に勤めている人だけということになります。