約300人の雇用を創出、 ガーナ・ヨンソの教育をサポートする竹製バイク

SDGsという目標が掲げられたことで、問題意識は世界中へ拡散! 各国でさまざまなプロジェクトが立ち上がり、賛同した市民が動き出しています。社会を変えるのは身の回りから。小さくも偉大な、その一歩を紹介します。

ガーナの青年が考えた、
雇用と教育を変える竹製バイク

ガーナ国内で生まれたプロジェクトであることも特徴。

ガーナの学校の少なさは深刻で、遠く離れた学校まで歩いて通学する辛さに、多くの学生が学業への意欲をそがれている。自身もガーナの田舎で育ち、毎日12kmも離れた学校に通学していたクゥワブナ・ダンソーは、2014年に学生に自転車を普及させる教育支援活動バンブーバイクをスタート。
 

増えすぎた竹の有効活用にもなっている。

その自転車をあえて田舎町で製造し、竹材の収穫や生産なども含めて、約300人の雇用を創出。SDGsナンバー1の貧困や4の教育、8の働きがいといった項目にアプローチしている。
 

輸出による収益は、ガーナの教育設備への投資や、女性の社会進出を支援する活動に寄付。

さらには、バンブーバイクを一つのコンテンツとし、先進国とコラボ。その収益で女性の社会進出をサポートしている。EUの多国間投資プログラムでは、アフリカ諸国に対し、2014年〜2020年の間に合計310億ユーロの投資を行うことが決定。投資対象にはバンブーバイクも含まれている。SDGsの目標が世界で共有されたことで、意義あるプロジェクトに投資が集まる効果も生んでいる。

Bamboo Bike:https://www.booomers.com/

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、2018年12月20日に発足した「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。

 
●情報は、FRaU2019年1月号発売時点のものです。
Coordinate:Sachiko Kutsuke Text:Yuka Uchida Edit:Yuka Uchida

▼こちらの記事もチェック!